64(ロクヨン)映画のキャストやあらすじをまとめてみた!

この記事は3分で読めます

映画64キャストあらすじまとめ

前後編で放映される映画『64(ロクヨン)』
今回は、映画の出演者や配役、あらすじなどをまとめてみました。

スポンサードリンク

映画64の基本情報

タイトル:『64(ロクヨン)』
放映期間:2016年5月7日(前編)〜
     2016年6月11日(後編)〜
原作  :横山秀夫 『64(ロクヨン)』
発行元 :文藝春秋
発行日 :2012年10月26日
監督  :瀬々敬久
プロデューサー:木村理津/大原真人/渡邉敬介/浅野博貴/伊藤正昭
脚本  :久松真一/瀬々敬久
主題歌 :風は止んだ
歌手名 :小田和正

映画64(ロクヨン)のあらすじやネタバレ

わずか七日間で幕を閉じた昭和64年。
このたった7日の間に起きた少女誘拐殺人事件。通称『64(ロクヨン)』
事件は未解決のまま14年が経過し、時効までわずか1年になっていた。

そんなある日、ロクヨン事件を模倣した誘拐事件が勃発する。
県警広報官の三上(佐藤浩市)は、ロクヨン事件解決のために動き出す。
しかし、そんな三上の前には巨大な壁が立ちはだかる。

ある交通事故の加害者報道において匿名発表にしたことによる記者クラブとの対立。
警察という巨大組織ぐるみでの隠蔽疑惑。娘の失踪。

広報官として、警察組織の一個人として、娘の父親として。
様々な葛藤を抱きながらも、三上はロクヨン事件の真相へと迫っていく……。

そして、三上がたどり着いた真実とは!?

映画64(ロクヨン)配役と出演者まとめ

警務部広報室

三上義信(みかみよしのぶ)役
佐藤浩市(さとうこういち)
警務部秘書課広報室広報官。26年いた刑事部時代にロクヨン捜査に関わる。
家庭では娘が家出失踪中という問題も抱えている。

諏訪(すわ)役
綾野剛(あやのごう)
警務部秘書課広報室係長。三上の部下の一人。
頭のきれる男で、広報室と対立している記者クラブの摩擦を解消しようとする。

美雲(みくも)役
榮倉奈々(えいくらなな)
警務部秘書課広報室婦警。三上の部下の一人。
広報室では紅一点の存在で仕事には熱く、素直な性格の持ち主。
諏訪とともに三上を支えていく。

蔵前(くらまえ)役
金井勇太(かないゆうた)
警務部秘書課広報室主任。三上の部下の一人。
とにかく真面目な広報マン。

警務部

石井(いしい)役
菅原大吉(すがわらだいきち)
警務部秘書課長。三上の上司。
いい顔ばかりをする太鼓持ち。

赤間(あかま)役
滝藤賢一(たきとうけんいち)
警務部長。石井の上司。県警のNO.2でいわゆるキャリア組。

二渡信治(ふたわたりしんじ)役
仲村トオル(なかむらとおる)
警務部警務課調査官。赤間の部下。
三上の同期。県警の影の人事権者。

二渡が主役のスペシャルドラマ情報はこちら
陰の季節のキャストやあらすじをまとめてみた!
刑事の勲章のキャストやあらすじをまとめてみた!

刑事部

荒木田(あらきだ)役
奥田瑛二(おくだえいじ)
刑事部長。刑事の頂点のようなポストを必死に守っている。

松岡勝俊(まつおかかつとし)役
三浦友和(みうらともかず)
刑事部捜査一課長。刑事部時代の三上の上司。
追尾班長としてロクヨン捜査に関わる。

御倉(みくら)役
小沢征悦(おざわゆきよし)
刑事部捜査一課次席。三上の2期後輩。
広報官になった三上に対してライバル心を燃やしている。

落合(おちあい)役
柄本佑(えもとたすく)
刑事部捜査二課長。キャリア組の若手でいまだ現場未経験。

記者クラブ

秋川(あきかわ)役
瑛太(えいた)
東洋新聞キャップ。
記者クラブのボス格であり、幹事社としてとりまとめる。

手嶋(てじま)役
坂口健太郎(さかぐちけんたろう)
東洋新聞サブキャップ。秋川の部下。
広報室の対応に憤りを隠せない真っ直ぐな性格。

誘拐事件の被害者家族

雨宮芳男(あまみやよしお)役
永瀬正敏(ながせまさとし)
以前のロクヨン事件の被害者家族。娘が誘拐された。
雨宮漬物の経営者で、事件の捜査を通して警察組織の不信感を持つ。

目崎正人(めさきまさと)役
緒形直人(おがたなおと)
新しく発生したロクヨン事件を模倣した事件の被害者家族。娘が誘拐された。
スポーツ用品店の経営者。

元ロクヨン事件捜査官

三上義信(みかみよしのぶ)
ロクヨン事件の際には刑事部にいた。

松岡勝俊(まつおかかつとし)
ロクヨン事件元追尾班長。

三上美那子(みかみみなこ)役
夏川結衣(なつかわゆい)
元婦警。三上の奥さん。
事件の際には、身代金受け渡し場所の張り込みなどを担当。

望月(もちづき)役
赤井英和(あかいひでかず)
ロクヨン事件元追尾班。
早々に警察を辞め、今は農家を継いで生活している。

村串みずき(むらくしみずき)役
鶴田真由(つるたまゆ)
ロクヨン事件自宅班担当婦警。
三上とは元同僚。既に結婚して警察を辞めている。

漆原(うるしばら)役
菅田俊(すがたしゅん)
ロクヨン事件自宅班長。
今は所轄署長をしている。

幸田一樹(こうだかずき)役
吉岡秀隆(よしおかひでたか)
ロクヨン事件元自宅班。
事件6ヶ月後には警察官を辞め、今はスーパーで警備員の仕事をしている。

柿沼(かきぬま)役
筒井道隆(つついみちたか)
ロクヨン事件元自宅班。
刑事部捜査一課の専従班として、今もなおロクヨン捜査をし続けている。

日吉浩一郎(ひよしこういちろう)役
窪田正孝(くぼたまさたか)
ロクヨン事件元自宅班。科捜研からロクヨン事件の際にやってきた。
しかし、事件後十四年もの間ひきこもりになってしまっている。

その他関わりのある人物

辻内欣司(つじうちきんじ)役
椎名桔平(しいなきっぺい)
県警本部長。警察庁長官を確実視されるキャリア組の有望株。

三上あゆみ(みかみあゆみ)役
芳根京子(よしねきょうこ)
行方不明中の三上の娘。高校生。
自分の醜さに悩みを抱え、整形を覚悟したが三上に反対されたため家出をした。

日吉雅恵(ひよしまさえ)役
鳥丸せつこ(とりまるせつこ)
浩一郎の母親で、警察が息子をひきこもりにさせたと恨んでいる。

64の注目点

『半落ち』や『クライマーズハイ』など、数々の名作をつくりあげた横山秀夫原作の映画ということもあり、どんな人間ドラマが描かれていくのか。目が離せません。
昭和64年というたった7日間に隠された真実の物語の結末。公開が待ち遠しい!

関連リンク
二渡が主役のスペシャルドラマ情報
陰の季節のキャストやあらすじをまとめてみた!
刑事の勲章のキャストやあらすじをまとめてみた!

スポンサードリンク


ココ迄、お読み頂きありがとうございました!
応援ぽちっとお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 秘密映画版キャスト主題歌あらすじ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。