探偵少女アリサの事件簿のあらすじネタバレ、キャスト情報!

この記事は3分で読めます

本田望結さん、初主演ドラマ『探偵少女アリサの事件簿』は、2016年冬テレビ朝日で放送されます。

原作は、大人気ミステリー作家・東川篤哉さんの小説『探偵少女アリサの事件簿』を初めて映像化したユーモアミステリー。

今回は、ドラマ『探偵少女アリサの事件簿』のキャストやあらすじをまとめてみました。

スポンサードリンク

探偵少女アリサの事件簿の基本情報

タイトル:『探偵少女アリサの事件簿』
放送日 :2017年1月28日
放送時間:土曜日21時00分〜
放送局 :テレビ朝日系列
原作  :東川篤哉 「探偵少女アリサの事件簿」(幻冬舎刊)
プロデューサー:飯田爽、浦井孝行
脚本  :谷口純一郎
監督  :星田良子
企画  :古賀誠一
制作  :テレビ朝日、オスカープロモーション
主題歌 :未定
歌手名 :未定

探偵少女アリサの事件簿の登場人物とキャストまとめ

綾羅木有紗(あやらぎありさ)役
本田望結(ほんだみゆ)
名探偵を両親に持つ綾羅木家のお嬢様で、親譲りの推理力と洞察力は、子どもながら人並み外れている。
両親が不在の間、叔母の瑤子に連れられ孤島のお屋敷にやってくるが、そこで不可解な連続殺人事件に巻き込まれる。

綾羅木孝三郎(あやらぎこうざぶろう)役
岩城滉一(いわきこういち)
有紗の父親で名探偵。 忙しく、日本と海外を行き来しているため不在がち。

綾羅木瑤子(あやらぎようこ)役
大河内奈々子(おおこうちななこ)
有紗の叔母。 不在なことが多い有紗の両親に代わり、面倒を見ることが多いが、有紗とそこまで仲がいいわけではない。

橘良太(たちばなりょうた)役
田中圭(たなかけい)
便利屋を営む男性。 市議会議員の神木章介に依頼され、彼の身代わりとして屋敷に来ていたが、やがて有紗に正体を見破られる。

栗田達夫(くりたたつお)役
神保悟志(じんぼさとし)
屋敷の宿泊客で、元料理人。

長嶺勇作(ながみねゆうさく)役
矢野浩二(やのこうじ)
警視庁捜査一課の刑事。 刑務所から脱走した殺人犯・相良の行方を追う。

松田翔子(まつだしょうこ)役
内藤理沙(ないとうりさ)
警視庁捜査一課の刑事。 長嶺の部下で、ともに相良の行方を追う。

岩中聡(いわなかさとし)役
高杉瑞穂(たかすぎみずほ)
屋敷の宿泊客で、経営コンサルタント業を営む。

安東喜一郎(あんどうきいちろう)役
寺田農(てらだみのり)
屋敷の宿泊客で、弁護士。

奥野智美(おくのともみ)役
名取裕子(なとりゆうこ)
孤島の屋敷で家政婦として働く女性。
何かと有紗の面倒を見てくれる優しい女性だが、その正体は敵か味方か…?

探偵少女アリサの事件簿のあらすじネタバレ

※ネタバレがありますので、読みたくないという方はとばしてください。
↓↓↓↓

華麗に、絵画の贋作にまつわる殺人事件を解決した名探偵・綾羅木孝三郎(岩城滉一)。
実を言うと 事件を解決に導いたのは、親譲りの洞察力と推理力を持つ孝三郎の娘・有紗(本田望結)のヒントだった。
本日も、 多忙で海外を駆け廻る両親の代わりに面倒を見てくれる叔母の瑤子(大河内奈々子)とともに、絶海の孤島にある屋敷にやってきた有紗だったが、到着した日の夜から空模様が悪化。
孤島からの交通手段も通信も閉ざされる中、瑤子が屋敷内で転落死体となって発見される!
人の出入りの無い中での事件だったため、宿泊客の中に犯人はいるのではないかとそれぞれが疑心暗鬼に。
弁護士の安東喜一郎(寺田農)、市議会議員の神木章介(田中圭)、元料理人の栗田達夫(神保悟志)、経営コンサルタントの岩中聡(高杉瑞穂)、そして屋敷の家政婦・奥野智美(名取裕子)が犯人である可能性が出てくる…。
一方で、立て続けに第2、第3の殺人が起きる! 第二の殺人は、『室内に不自然に置かれた海水に顔をつけられ溺死』。
そして、第三の殺人は、『小瓶に入った青酸カリを飲まされ、地中に埋められる』。
被害者たちの異常な格好をみた有紗は、『不思議の国のアリス』になぞらえてこれらの殺人が行われていることに気がつく!
犯人の狙いは何なのか?
そして島に閉じ込められた人達の中に犯人は存在するのか?
その頃、殺人罪で刑務所暮らしをしていた相良恭司(宮川一朗太)が刑務所を抜け出し、姿をくらましたというニュースが巷を賑わしていた。
警察も懸命に行方を追う中、船で相良が孤島に渡ったという情報が入り…?
間もなく、相良が屋敷の持ち主・須崎史郎(青柳文太郎)と過去に繋がりがあったことが判明する。
さらに、“神木章介”と名乗っていた男が実は橘良太という名前だったことがわかり…!?

探偵少女アリサの事件簿の結末は?犯人はあの人!

※放送終了後に記載します

主演の本田望結さんとは?

2008年(平成20年)、4歳の時に、StyleONEのCMで芸能界デビューしました。
2011年(平成23年)10月期の日本テレビ系連続ドラマ『家政婦のミタ』、 阿須田希衣 役の出演で人気を得ました。
その後、スケート靴の約束名古屋女子フィギュア物語(2013年12月25日、テレビ愛知) 水元紗綾 役、ドラマスペシャル瀬戸内少年野球団(2016年9月17日21:00〜23:16、テレビ朝日系)波多野武女役、など数多くのドラマやCMなどで、大活躍されています。
そんな本田さんですが、芸能活動の傍らフィギュアスケートの選手としても活動されています。
2011年(平成23年)7月に参加し開催された関西大学主催の氷の甲子園では、2回転ジャンプを決めて小学3年生以下の部で優勝、2013年10月に開催された第17回全日本フィギュアスケートノービス選手権大会(ノービスB女子)8位と、凄い経歴を持っています。
5人兄弟の4番目で、兄と姉2人と妹の家族で、6歳上の兄の本田太一さん、3歳上の姉の本田真凜さん、3歳下の妹の本田紗来もフィギュアスケートの選手をして活躍をされているスケート一家のようです。

予告動画

 

まとめ

主演を務める本田望結さんは、何と初主演ドラマで主演最年少記録だとか。
この夏放送された、ドラマスペシャル『瀬戸内少年野球団』でも波多野武女 役を演じ、主演をしのぐ演技をされ大好評でしたね。
女優であり、フィギュアスケート選手としても活躍している本田望結さん、初主演ドラマでどの様な演技をされるのか楽しみですね。

スポンサードリンク


ココ迄、お読み頂きありがとうございました!
応援ぽちっとお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 模倣犯ドラマキャストあらすじ
  2. ぼくのいのちキャストまとめ
  3. 望郷あらすじネタバレキャスト
  4. 巨悪は眠らせない玉木宏あらすじネタバレキャスト
  5. ストレンジャードラマキャストまとめ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。