ドクターカー第11話ネタバレ感想!最終話情報も。

この記事は1分で読めます

ドクターカー最終回ネタバレ

第11話、ドクターカーを降りるよう命令された一花の前に現れた1人の男性、それはかつて一花が愛した男であり一太郎の父親。
ドクターカーの医師としての危機、果たして一花の運命はどうなるのか!?

◆第11話あらすじはコチラ
→ドクターカー第10話ネタバレ感想!第11話情報も。

スポンサードリンク

ドクターカーの第11話感想

朝城総合病院理事長である朝城涼子(かたせ梨乃)から、勇介(中村俊介)の指示に従えないのであればドクターカーから降りるよう命じられた天堂一花(剛力彩芽)。
そんな涼子の命令には従えないと一花は反発するが、既に後任は呼ばれていた。
後任の医師としてそこに呼ばれて来たのは、かつての恋人・矢崎直道(細田善彦)であった。
妊娠した一花の前から姿を消した男で、つまり、一花のひとり息子・一太郎の父親だったんですね。
6年ぶりに突然現れた矢崎の姿に驚きを隠せない一花。
しかし、かつての恋人・矢崎は以前とは様子が変わり、一花が思い描いていたような男ではなかった。

その頃、朝城総合病院は経営不振から存続の危機に陥り最大の援助先、想善会グループからの援助打ち切りの可能性が示唆されていた。
この危機を脱しする為に、勇介親子は大幅な経営改革としてドクターカーに矛先を再度向け廃止する事で、援助打ち切りを逃れようとする。
勇介を立派な医師にしたいと願いそして、勇介の亡き父の遺志を引き継ぎドクターカーを設立した涼子の思惑は?

いよいよ、次回で最終話となり一花はどうなってしまうのでしょうか?
朝城総合病院の経営不振問題での存続、そして、ドクターカーの存続は?
病院の後継者問題。

最終話で全て解決されるのかな?

ドクターカーの最終話話あらすじネタバレ!

朝城勇介(中村俊介)からドクターカーの廃止と解雇を言い渡された天童一花(剛力彩芽)に他の病院への誘いが入る。
ドクターカーのことが気になりながらも承諾する一花。

一方、朝城総合病院は資金援助を打ち切られ存続の危機に立たされる。
メンバー達もバラバラに…。
そんな時、勇介が逃亡中の強盗犯にバスの中で刺されて瀕死の状態にあると連絡が入る!
果たして一花たちの、そしてドクターカーの運命は!?

◆第11話あらすじはコチラ
→ドクターカー第10話ネタバレ感想!第11話情報も。

スポンサードリンク


ココ迄、お読み頂きありがとうございました!
応援ぽちっとお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ディアスポリス9話
  2. ど根性ガエルキャスト主題化情報
  3. ディアスポリス最終回ネタバレ感想
  4. ドクターカー10話ネタバレ
  5. ディアスポリス第8話ネタバレ
  6. ディアスポリス最終回ネタバレ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。