ゴールドウーマンのキャスト・あらすじ・主題歌情報!小雪、銀行員役初挑戦?!

この記事は5分で読めます

ゴールドウーマンキャストあらすじ主題歌

テレビ朝日系ドラマスペシャル『ゴールドウーマン』が5月28日(土)に放送されます。

作者が現役財務省参事官で、2015年、第5回日経小説大賞を受賞して話題となった芦崎笙氏の小説『スコールの夜』を舞台を2016年の現在に移して初めて映像化しました。
銀行のドラマで、総合職の女性が男社会で対等に戦うという新時代のドラマ「ゴールドウーマン」。
リストラを巡る騒動も環境変化の激しい現代ではリアリティも増しています。

女優の小雪さんと鈴木保奈美さんが女性総合職の先輩後輩役で、スーツを着こなし、ハイヒールを履いてさっそうと歩くキャリアウーマンの現実を鮮やかに描き出す作品です。

今回はドラマ『ゴールドウーマン』のキャストやあらすじ、主題歌情報をまとめてみました。

スポンサードリンク

ゴールドウーマンの基本情報

タイトル:『ゴールドウーマン』
放送日 :2016年5月28日
放送時間:土曜日21時00分〜23時06分
放送局 :テレビ朝日系列
原作 :芦崎 笙『スコールの夜』(日本経済新聞出版社)より
ゼネラルプロデューサー:黒田徹也(テレビ朝日)
プロデューサー:藤本一彦(テレビ朝日)
          岡田 寧(オスカープロモーション) 
脚本  :寺田敏雄
監督  :雨宮 望
企画  :古賀誠一
制作  :テレビ朝日、オスカープロモーション
エンディングテーマ:Ride on
歌手名 :SOLIDEMO

8人組男性グループ・SOLIDEMOとは?

 エンディングテーマ曲を歌う、身長が180センチ以上の 8人組男性グループ・SOLIDEMOの5thシングル「Landscape」のカップリング曲「Ride on」も注目を集めていますね。
実は全5枚のシングルのうち4枚のシングルのカップリング曲がドラマタイアップとなっています。
その中で、出世作となった沢尻エリカ主演ドラマ・ファーストクラスのテーマソング「Heroine」です。

「THE ONE」:BSフジ、フジテレビTWOほかで放送『ファースト・クラス・ガールズ』パラドラ主題歌。
「Next to you」:東海テレビ・フジテレビ系全国ネット昼ドラ『花嫁のれん』エンディングテーマ。
「Heroine」:フジテレビ系土ドラ『ファースト・クラス』テーマソング。
「ギミギミLOVE」:テレビ朝日ドラマ『私のホストちゃんS』テーマソング。
「Rafflesia」:フジテレビ系ドラマ『ファーストクラス』オープニングテーマ。
「Girlfriend」:関西テレビ・フジテレビ系 火曜夜10時ドラマ『戦う!書店ガール』挿入歌。
「Could U Be My Girl?」:BSテレビ局Dlife『イーストエンドの魔女たち』エンディング曲。
「Ride on」:テレビ朝日スペシャルドラマ『ゴールドウーマン』エンディングテーマ。

ゴールドウーマンのあらすじやネタバレ

帝都銀行に勤める女性総合職・吉沢環(小雪)は死に物狂いでキャリアを積み、銀行の参謀本部ともいえる、“総合企画部関連事業室”の室長に抜擢された。
そこで新頭取・甲斐田剛彦(寺泉憲)から命じられたのは、子会社『帝都事務サービス』の解体と200人に及ぶ社員のリストラだった。
帝都事務サービスの累積赤字はここ数年悪化する一方で、就任1年目での赤字決算は避けたいという甲斐田の強い意思による勅令だった。
 環をこのポストに推薦してくれたという女性総合職の先輩・矢島舞(鈴木保奈美)の手前、失敗はできない…。
環は部下の斉田勉(駿河太郎)を伴って帝都事務サービスに乗り込む。
 だが、帝都事務サービスの常務・安原由雄(菅原大吉)をはじめ、厚生事業課長の庄司義彦(六角精児)らリストラ対象となった社員たちは、猛反発。
一方、帝都銀行からの出向者である総務部長・菊田祐介(村上弘明)は、帝都事務サービスの社員たちから「裏切り者」と恨みを買いながらも、環の指示の下、退職勧奨という苦しい仕事に黙々と取り組む。
菊田は環の入行時の教育係で、環にとっては恩人ともいえる存在だった…。
 そんな中、斉田が思いもよらぬ情報をもたらした。実は、この冷徹なまでのリストラ計画を立案し、甲斐田に進言したのは舞であり、本来なら舞が関連事業室の室長に就任して事に当たるべきところを、環を推薦し、自分はさらに上のポストである資金調達部次長のイスに収まった…。
つまり、環は舞から体よく “汚れ仕事”を押し付けられたにすぎなかったのだ。
 まさか、はめられた…!? 
疑心暗鬼が渦巻く中、環は帝都事務サービスが長年担ってきた密かな役割に気づく。
帝都事務サービスは、銀行本体のカゲの部分を担うダーティーな会社だということが見えてきて…。

ゴールドウーマンの結末は?

帝都銀行が、不祥事による大量の資金管理とリストラ問題から「赤字」に変化したことで、会社存続危機に落ち込まれた中で、「新頭取」の甲斐田剛彦「寺島憲」から指令が出され、子会社の帝都事務サービスの解体、及び200人の強制リストラの内容だった。
その指令も、新頭取と前頭取との派閥争いが原因の一部であることが判明。
そして、子会社の帝都事務サービスの解体により裏金作りが表面化してしまう事をどの様に処理していくのかが問題でした。
銀行や大企業では日常的な事でしょうか?
最終的に、権藤専務の側近たちが、最高顧問から口利きのあった連中に「ほとぼりが冷めたら再就職をあてがう条件で」派閥争いも収まり、帝都事務サービスの解体・リストラも成功しました。

タイトルにちなんで、衣装のどこかに必ず“ゴールド”に輝くアイテムを身につけているとの事でしたが、いろいろなアイテムが目につきましたね。
ハイヒール・ネックレス・イヤリング・上着・ボタン・スマホなどなど。

ゴールドウーマンの登場人物とキャストまとめ

吉沢 環(よしざわたまき)(38)役
小雪(こゆき)
女性総合職として帝都銀行に入行して15年で、女性としては破格のスピードで昇進し、総合企画部関連事業室長に抜擢。
自身の実力を認められ、関連会社である『帝都事務サービス』の解体を命じられと思っていたが、背景には底知れぬ策略がうごめいている。
正義感が強く、カネと権力に飽くなき欲望を抱く男たちに怒り、“鬼”になることを決意する!

矢島 舞(やじままい)(41)役
鈴木保奈美(すずきほなみ)
女性総合職の出世頭で環の3期上の先輩、若くして天井知らずのラインに乗った、資金調達部・次長(役員待遇)。
環を現在のポストに推薦した張本人で、如才なく、つかみどころのない女。

斉田 勉(さいだつとむ)(35)役
駿河太郎(するがたろう)
総合企画部関連事業室主任で環の部下。
会社の闇を炙り出そうとする環を心配し、サポートする。

権藤昌義(ごんどうまさよし)(55)役
伊武雅刀(いぶまさとう)
帝都銀行専務で新頭取。
甲斐田派で環に目をかけているようだが、腹には別の思惑を持っている。

甲斐田剛彦(かいだたけひこ)(56)役
寺泉憲(てらいずみけん)
環に“死刑執行人役”ともいうべき役割を命じる、就任したばかりの帝都銀行の新頭取。
前体制が残した負の遺産を清算すべく、大胆なリストラを決断する。

庄司義彦(しょうじよしひこ)(49)役
六角精児(ろっかくせいじ)
リストラに激しく抵抗する、子会社『帝都事務サービス』厚生事業課長。

石田晃嗣(いしだあきつぐ)(43)役
矢野浩二(やのこうじ)
8年前に別れた環の元夫で、帝都銀行の顧問弁護士。

河原明日香(かわはらあすか)(28)役
MEGUMI(めぐみ)
東大卒の才媛だが、噂好きな一面を持つ帝都銀行の女性総合職。
営業第一部で大手鉄鋼メーカー担当という、花形ポストを任されている。

安原由雄(やすはらよしお)(55)役
菅原大吉(すがわらだいきち)
『帝都事務サービス』常務。
解体のために乗り込んできた環に対し、「やれるもんなら、やってみな!」「女に何ができる!」と過激なまでに反発して環を恫喝する。

田村房江(たむらふさえ)(71)役
吉行和子(よしゆきかずこ)
支店在籍時代、環が融資を担当した小さな町工場社長の妻。
10年前、環と“ある約束”を交わしており、それが今の環を支えている。

西條最高顧問(さいじょうさいこうこもん)(72)役
山本學(やまもとがく)
カリスマ的存在で、現在も行内ばかりかグループ全体に隠然たる影響力を有している、帝都銀行の3代前の頭取。

菊田祐介(きくたゆうすけ)(48)役
村上弘明(むらかみひろあき)
帝都銀行からの出向組の『帝都事務サービス』総務部長。
新人時代の環の教育係であり、環にとって恩人であり、あこがれの存在。

主演のお2人のコメント

吉沢 環(よしざわたまき)(38)役を演じる小雪さんは、

「“男性社会の中で女性が生き抜く姿を描きたい”と、この作品のお話をいただきました。重厚感のある脚本で、どう表現していこうか楽しみも不安もありましたが、新しいものにチャレンジする気持ちは常に持っていたいので、やりがいのあるお仕事だなと思って取り組んでいます。
 私が演じる主人公・環は、がむしゃらで思ったとおりにまっすぐ突き進むタイプ。“仕事ができる”という以上に、責任感を持って仕事にあたる女性で、“志”と“勢い”がありますね。目標突進型で、あまり振り返ったりしないところは、私と似ているかもしれません。
 今回は、保奈美さんとの共演が楽しみでした。『東京ラブストーリー』など、保奈美さんの出演作はセリフも覚えてしまうほどよく拝見していましたが、あのときのままお変わりなくいらっしゃるので、まるで自分が夢の中にいるような、ちょっと変な感覚です(笑)。環にとって、舞はその背中を指針にしてきた憧れの先輩ですが、それは私の保奈美さんへの思いと同じ。保奈美さん独特の雰囲気、透明感、声を肌で感じることができて、今回の撮影ではとても癒されています!
 この作品の舞台となった銀行のような男性社会で女性が生き抜くのは、とても大変なこと。女性の皆さんにとって爽快感が味わえるドラマになると思います」

と語っています。

矢島 舞(やじままい)(41)役を演じる鈴木保奈美さんは、

「これまでこういった“企業モノ”のような作品に出演したことがなく、カッコいい女性の役をやらせていただけてうれしいです。でも私自身が企業に就職した経験がないため、男性陣の役職を見ても誰がどう偉いのかわからず、力関係を把握するのに大変戸惑い、通常の3倍ぐらい台本を読むのに時間がかかってしまいました(笑)。
 舞は、頭がよいだけではなく、処世術もきちんと身につけた女性。はたからみたら嫌な女だと思われるかもしれませんが、彼女の中にはきちんと信じるものがあり、“目標を実現させるためには自分が有利に生きていかなければならない”という自分なりの論理で生きている女性だと思います。
 舞はおそらく、後輩の環のことがすごく好きで、ちょっとちょっかいを出したい気持ちもあるんじゃないかな。それは私自身にも共通するところで、現場では小雪さんのことをジーッと見つめちゃって…(笑)。小雪さんは大人っぽくて落ち着いていておしとやか、というイメージを抱いていましたが、意外とせっかちかも!?  落ち着いていながらも、物事をサササッと進めていくタイプかなと思いました。
 働いている方だけではなく、生きにくさを感じている女性たちがこのドラマを観て共感してくれたらいいな。そして、溜飲を下げてくれるようなことがあればうれしいですね」

と語っています。

ゴールドウーマンの注目点

小雪さんが第三子出産後の初主演で銀行員役初挑戦、そして鈴木保奈美さんと初共演となります。
今作が初共演となります、二大女優が織りなすバトルに期待が高まりますね。
そして、タイトルにちなんで、衣装のどこかに必ず“ゴールド”に輝くアイテムを身につけて役作りをしているそうです。
どこに、そしてどんなゴールドアイテムが付けられているのかも非常に楽しみの一つですね。

スポンサードリンク


ココ迄、お読み頂きありがとうございました!
応援ぽちっとお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016ドクターXスペシャルキャストまとめ
  2. モンタージュ3億円ドラマあらすじネタバレキャスト
  3. 瀬戸内少年野球団あらすじネタバレキャスト
  4. 模倣犯ドラマキャストあらすじ
  5. 巨悪は眠らせない玉木宏あらすじネタバレキャスト
  6. 素敵な選TAXIスペシャルキャストまとめ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。