必殺仕事人2016のあらすじネタバレ、キャスト情報!

この記事は3分で読めます

必殺仕事人2016あらすじネタバレキャスト

スペシャル時代劇ドラマ『必殺仕事人2016』は、9月25日(21:00~)からテレビ朝日にて放映されます。

年1回のペースで放送され、悪人たちを成敗していく仕事人たちの活躍を描くドラマ。
今回は、渡辺小五郎の職場で、現代のリストラやパワハラに通じる卑劣な行為が発生。

この記事では、ドラマ『必殺仕事人2016』のキャストやあらすじをまとめてみました。

スポンサードリンク

必殺仕事人2016の基本情報

タイトル:『必殺仕事人2016』
放送日 :2016年9月25日
放送時間:日曜日21時00分〜
放送局 :テレビ朝日系列
ゼネラルプロデューサー:森山浩一、内山聖子
チーフプロデューサー:武田功
プロデューサー:飯田新、秋山貴人、渡邊竜
脚本  :寺田敏雄
監督  : 石原興
制作  :ABC、テレビ朝日、松竹
主題歌 :鏡花水月 The SHIGOTONIN
歌手名 :東山紀之、松岡昌宏、大倉忠義

必殺仕事人2016のあらすじネタバレ

※ネタバレがありますので、読みたくないという方はとばしてください。
↓↓↓↓

幕府から、渡辺小五郎(東山紀之)が働く本町奉行所に、観察方番頭の朝比奈藤十郎(安田顕)がやってきた。
リストラを言い渡した朝比奈は、候補選びを小五郎の相棒・結城新之助(田口浩正)に命じた。
近頃、長女のお絹(浜辺美波)との関係がギクシャクして苦慮していた結城は、公私で厄介事を抱えるはめに。

それとは別に、江戸の街では、少女たちにきれいな着物で絵師のモデルになれると嵌めて食い物にする卑劣な商売が横行していた。
誘われるままお絹も、絵師たちの前に連れて来られる。
そこには、結城の竹馬の友、絵師・鬼頭進之助(寺島進)の姿もあった。
おまけに、経師屋の涼次(松岡昌宏)も日銭を稼ぎにやってきて巻き込まれてしまう。

そんななか、ムダな人員など奉行所ではいないことを示すために、一致団結して大きな成果を上げようという声が上がる。
リストラ要員の洗い出しに苦慮していた結城も大賛成するが、れが思わぬ悲劇を招くことになり……。

必殺仕事人2016の結末は?

きれいな着物で絵師のモデルになれると騙して、食い物にする卑劣な油問屋の初音屋と、本町奉行所がどの様に関係しているのかと思っていたら、幕府からの観察方番頭の朝比奈藤十郎(安田顕)が隠れボスでした。
朝比奈は、奉行所の人達をリストラしながらその報告をおかみに報告せずその人たちの給料を全て自分のものにしていたのです。
そして、自分の悪行がバレそうになると同心の河原崎を仲間に引き込み、結城新之助を切腹に見せかけて幼なじみで謎の多い絵師の鬼頭進之助に殺させてしまいます。
結果、仕事人達の手に掛かり、恨みは晴らされることに。

必殺仕事人2016の登場人物とキャストまとめ

渡辺小五郎(わたなべしょうごろう)役
東山紀之(ひがしやまのりゆき)
仕事人。
表の顔は、本町奉行所に勤める同心である。奉行所では面倒な仕事を避ける怠け者で通っているが、ひとたび”仕事”となれば鮮やかな太刀さばきで悪人たちを一刀両断にする冷徹さを発揮する。

経師屋の涼次(きょうじやのりょうじ)役
松岡昌宏(まつおかまさひろ)(TOKIO)
仕事人。
表の顔は、襖や屏風を修繕する経師屋である。筆に錐を仕込んだ仕事道具で、相手を突き刺して息の根を止める。
食道楽で女好きの豪快な性格。口は悪いが、困った人間をほっておけない情にもろい一面も。

リュウ(りゅう)役
知念侑李(ちねんゆうり)(Hey! Say! JUMP)
田舎の寺で後継ぎとして修行に励んでいたが、父のかたき討ちのために江戸へとやってきて、裏稼業に足を踏み入れることになった。

花御殿のお菊(はなごてんのおきく)役
和久井映見(わくいえみ)
常磐津の師匠。
裏稼業は、仕事の情報屋で、恨みを抱えて三番筋を訪れる頼み人から仕事を請け負う。
個性の強い仕事人の面々をまとめるプロデューサーとしての役割も果たす。

増村倫太郎(ますむらりんたろう)役
生瀬勝久(なませかつひさ)
本町奉行所に勤める与力で、小五郎ら見廻り同心たちの上司にあたる。
長いものには巻かれる、いわゆる管理職人間。

渡辺ふく(わたなべふく)役
中越典子(なかごしのりこ)
小五郎の妻で、母・ふくと共に渡辺家を発展させようと意気込む毎日。

渡辺こう(わたなべこう)役
野際陽子(のぎわようこ)
小五郎の姑、ふくの母親。
出世もはかどらず、跡取りもできない「ムコ殿」のふがいなさを嘆く日々を送っている。

瓦家の陣八郎(かわらやのじんぱちろう)役
遠藤憲一(えんどうけんいち)
表の顔は瓦屋だが、博打好きの女好きで、背中に天女の彫り物がある風来坊の仕事人。

朝比奈藤十郎(あさひなとうじゅうろう)役
安田顕(やすだけん)
私腹を肥やすためであれば、命令一つで人の命を奪うことも厭わない監察方番頭。

鬼頭進之助(きとうしんのすけ)役
寺島進(てらじますすむ)
結城の幼なじみで謎の多い絵師。

結城新之助(ゆうきしんのすけ)役
田口浩正(たぐちひろまさ)
小五郎の相棒で、11人の子どもを抱える働き者。

お絹(おきぬ)役
浜辺美波(はまべみなみ)
結城新之助の長女。

はつ役
久保田磨希(くぼたまき)
結城新之助の妻。

まとめ

東山紀之さんを主演に、2007年の「必殺仕事人2007」として復活を遂げて以来、連続ドラマ1回と、6本のスペシャルドラマを届けてきた「必殺仕事人」シリーズ。
年に1本のペースで放送しているスペシャルドラマは、いずれも2桁の視聴率を獲得しているようです。
そして、今年も魅力的な悪が揃って出演してくれます。
今回、悪役としてバラエティ、ドラマ、映画、舞台と現在マルチな活躍が印象的な俳優・安田顕さんと寺島進さんが出演されます。
安田さんは、2016年春クールドラマ『重版出来』でも、新人ツブシの悪名高い編集者役を演じていましたね。
私腹を肥やすためであれば、命令ひとつで人の命をも簡単に奪ってしまう身勝手で冷酷な朝比奈役を演じてくれるのでしょうか?
楽しみです。

★重版出来のキャストやあらすじはこちら

スポンサードリンク


ココ迄、お読み頂きありがとうございました!
応援ぽちっとお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ゴールドウーマンキャストあらすじ主題歌
  2. 2016ドクターXスペシャルキャストまとめ
  3. 狙撃あらすじネタバレキャスト
  4. 黒い樹海キャストまとめ
  5. 地方紙を買う女キャストまとめ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。