HOPE(日本版)のキャスト・あらすじ・主題歌情報!中島裕翔主演ver

この記事は5分で読めます

HOPE日本ドラマキャストあらすじ

2016年夏のフジテレビ系日曜午後9時からは『HOPE(ホープ)~期待ゼロの新入社員~』が放送されます。この時代に働くすべての人が100%共感できる会社での悩み、怒り、笑い、そして涙を丁寧に力強く描いた作品になるようです。

韓国ですさまじいブームを巻き起こした作品の日本版で、夢に挫折した社会人経験のない主人公がサラリーマンとして成長していく姿を描く感動のヒューマンドラマ。

今回は、ドラマ『HOPE(ホープ)~期待ゼロの新入社員~』のキャストや主題歌、あらすじなどをまとめています。

★次クール秋ドラマ『キャリア』

スポンサードリンク

HOPE~期待ゼロの新入社員~の基本情報

タイトル:『HOPE(ホープ)~期待ゼロの新入社員~』
放送開始:2016年7月17日〜
放送時間:毎週日曜日21時00分〜
放送局 :フジテレビ系列
原作 :制作CJE&M、脚本チョン・ユンジョン、演出キム・ウォンソク『ミセン-未生-』(ドラマ)およびユン・テホ「ミセン-未生-」(webtoon)
プロデューサー:高丸雅隆
脚本  :徳永友一(『スペシャリスト』etc)
編成企画:渡辺恒也
演出  :河野圭太(『フリーター、家を買う。』『マルモのおきて』etc)
     城宝秀則
制作  :フジテレビ/共同テレビ
公式SNS:Twitter(@HOPE_fujitv
主題歌 :コメット
歌手名 :スピッツ

日本版HOPE(ホープ)のあらすじやネタバレ

幼い頃、主人公の一ノ瀬歩(いちのせあゆむ)は囲碁に出会いプロ棋士を夢見て、日本棋院の院生となり、時間のすべてを囲碁に捧げてきました。
高校生になったある日、父親が他界して母子家庭となってしまう。
一ノ瀬は高校を卒業したら、苦しくなった家計を支えるため働きに出ようとしますが、母親は自分が働くからと、囲碁の道に進むように諭します。

一ノ瀬は高校を卒業したがアルバイトをして進学せずに、プロ棋士を目指して試験を受け続けたがもう一息のところで試験に落ち続けていました。
プロ棋士の試験には23歳未満という年齢制限があるため、歩には最後のチャンスの時がやってきた。
しかし、最後のプロ棋士試験前日の夜、過労で母親が倒れ、緊急搬送される事態が起こった。
一ノ瀬も、病院に駆けつけ、プロ棋士の採用試験にも不採用となってしまいます。

プロ棋士になるという夢が閉ざされ、失意のまま目的もなくアルバイトを続ける毎日。
そんな姿を見ていた母親は胸を痛め、知人にとある総合商社で最終段階をむかえている採用試験を一ノ瀬が受けられるようにお願いします。

その試験内容は、1ヵ月のインターンシップ。
「受かるわけがない。」
そんなことを言いながらも、母親の心中を察してインターンとして働き始めます。
しかし、総合商社。
特殊な貿易用語や、英語はもちろん何ヵ国語も話せて当たり前の世界。
満足な社会経験も学歴もない一ノ瀬は、特殊な貿易用語が飛び交う世界で、コピーの仕方すら分からず、打ちのめされます。
同僚からはコネ入社扱いを受け、上司から入社してすぐに戦力外の烙印を押される。
しかし、囲碁が無くなった自分がここで頑張らなかったら本当に何も無いダメな人間になってしまうと、戦うことを決意します。

そして、周りから一ノ瀬は嘲笑されるほどの必死さと、囲碁で培われた記憶力と洞察力を武器に、組織の一員になんとかなろうと、仕事にひたむきに向き合います。
働く人なら誰もが経験している入社前の恐怖、居場所が無い困惑、ミスした時の後悔、そして認められた時のうれしさや分かち合った仲間との喜び。

ひたむきに働き、そして成長していく姿を通していろいろと考えさせられるドラマです。

日本版HOPE(ホープ)の登場人物とキャストまとめ

一ノ瀬歩 (いちのせ あゆむ)役
中島裕翔(なかじま ゆうと)(Hey! Say! JUMP)
主人公。囲碁のプロ棋士試験落ち続けて紆余曲折総合商社で働くことになった。
囲碁しか知らない社会人未経験者。

香月あかね(かづきあかね)役
山本美月(やまもとみづき)
主人公とは同期のOLで、優秀なせいで男性社員からセクハラやパワハラを受ける。
その逆境に負けず、必死に男性社会で闘うOL。

織田 勇仁(おだいさひと)役
遠藤憲一(えんどうけんいち)
営業3課長の、部下思いの仕事中毒者。
コワモテながら、部下にとっては太陽のような理想の上司だが社内政治にも無頓着なため、同期に比べて出世が遅れており、北風に吹かれているような状況。

桐明真司(きりあけしんじ)役
瀬戸康史(せとこうじ)
採用試験の時から抜群に優秀で、プライドが高く上昇志向が強いエリート。

人見将吾(ひとみしょうご)役
桐山照史(きりやまあきと)(ジャニーズWEST)
お調子者で愛想が良いムードメーカーの同期社員。
社内屈指の情報通の側面もあり採用後は、とんでもない上司の下で働くことに。

安芸公介(あきこうすけ)役
山内圭哉(やまうちたかや)
主人公の良き理解者の先輩。
入社当時、イジメで退社を考えていた時に織田に救われ、自分の会社人生があるのは織田のおかげと、無茶な案件も必至で取り組む。

一ノ瀬夕紀(いちのせ ゆき)役
朝加真由美(あさかまゆみ)
一之瀬歩の母で、自分の好きなことをとことんやればいいと思い囲碁だけをやらせてきた結果、大人になってから苦労させてしまったと後悔する。
何とかしてやりたいと思い、ツテを使って与一物産の専務に接触し、息子を採用試験の途中から入れてもらう。

鷹野義郎(たかの よしろう)役
風間杜夫(かざまもりお)
与一物産専務で、次期社長の座を虎視眈々と狙っている社内随一の権力者。
会社を大きくすることが全てであり、そのために利用できるものは全て利用し、仕事に情など必要ないと考えている。

中島裕翔さんが起用された理由とは?

今回のドラマの編成企画を担当している渡辺恒也さんは、

「主人公の一ノ瀬歩は、囲碁棋士というずっと追いかけてきた夢を諦め、居場所を失ったまま社会に飛び込んでいく、ある意味“まだ何者でもない”主人公です。中島さんは、Hey!Say!JUMPのメンバーとしてますます輝きを見せる一方、演技者としてのこれからに無限の可能性を感じさせる俳優だと思います。一ノ瀬がまっさらな状態から一歩一歩成長していく姿が、中島さん自身が俳優として羽ばたいていく姿と重なっていくのではと思い、オファーさせていただきました。」

と語っています。同じグループに所属している山田悠介さんが、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞していることを考えると、確かに、Hey! Say! JUMPの中島裕翔として活躍する一方で、まだまだ俳優業としてはこれからな部分を感じます。このドラマで中島さんが突き進む姿も楽しみです。

★以前共演していた?ジャニーズ事務所の後輩も同時期にドラマ主演中
http://poekoba.org/tokikake-cast

HOPEの原作『ミセン-未生-』とは?

2014年に韓国のケーブルテレビ局で放送された連続ドラマ『ミセン-未生-』が今回のドラマの原作になっています。
このドラマ自体も、web発の大ヒットコミックを原作としていて、韓国内では「サラリーマンのバイブル」とまで言われていたそうです。サラリーマンのバイブルと聞くと、半沢直樹やサラリーマン金太郎などを思いだします(バイブルではないかな?)

「未生(みせん)」とは、死んでもいないし生きてもいない石という、韓国特有の囲碁用語。意味としては、「困難に直面しても諦めなければ必ずチャンスは来る」。素敵な言葉です。(しかし何故かつい「みんせ」と言ってしまいそうになります笑)

韓国ドラマでは、やはり恋愛要素があることが王道です。しかし、『ミセン-未生-』では、イジメやセクハラ、社内不正、非正規社員問題などといった会社が抱える負の面をリアルに描き、主人公がとにかくまっすぐひたむきに生きていく姿が描かれていました。

こうした結果、最終話の視聴率は韓国ケーブルテレビ歴代第2位となる10.3%を記録。ドラマ賞を総なめにして、「ミセン・シンドローム」という言葉がニュースになるほどの社会現象になりました。

因みに、今年1月には中国でもリメイクが決定。海外作品特別賞を受賞した2015年「国際ドラマフェスティバル in TOKYO 2015」では、プレゼンターを務めた石坂浩二氏が「ミセン-未生-』にハマったと語ったとか。

とにかく、大人気ドラマだったわけです。

ドラマHOPEの主題歌はスピッツが担当!

主役がHey! Say! JUMPの中島さんということですから、やっぱりここはHey! Say! JUMPの皆さんが担当するのではないか?と思いますが、どうなのでしょうか?また、情報がわかりしだい追記します。

『追記』
主題歌は、スピッツの『コメット』に決定しました。
僕自身初めての事への挑戦や環境の変化に対してすごく臆病な性分です。
なのでHOPEの主人公には強い思い入れを持って、今回の曲は「投げやり」から「前向き」に変わろうとする途上を歌っています。
尚、この曲は、7月27日(水)発売のニューアルバム『醒めない』に収録されています!

ホープの視聴率まとめ

第1話:6.5%
第2話:7.1%
第3話:6.0%
第4話:6.4%
第5話:6.0%
第6話:6.5%
第7話:4.8%
第8話:4.9%
最終話:6.6%

HOPE~期待ゼロの新入社員~の注目点

会社員なら誰もが一度は経験する、仕事がうまくいった時の喜び・上下関係の難しさ・職場環境の悩みなどなど。社会人1年目の新人が組織の一員として認めてもらえる心情を描いた物語になるということです。
社会人1年目は右も左もわからない時で、本当に色々な成長や葛藤がありますよね。大人としての第一歩を踏み出す感覚。ジャニーズの一員として幼い頃から大人たちの間で働いてきたであろう中島裕翔さんがどのように演じてくれるのかも気になります!

そして、まだ発表されていない他のキャストも楽しみですね!

スポンサードリンク


ココ迄、お読み頂きありがとうございました!
応援ぽちっとお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 君はペット2016キャストあらすじ
  2. 死幣キャスト主題歌あらすじ
  3. はじめまして愛していますあらすじネタバレ
  4. 遺産相続人柿崎慎一キャストあらすじ
  5. せいせいするほど愛してるキャスト主題歌あらすじ
  6. オン異常犯罪捜査官キャスト主題歌あらすじ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。