地味にスゴい(ドラマ)校閲ガールのキャスト・あらすじ・主題歌情報!

この記事は3分で読めます

校閲ガールキャストあらすじ主題歌

2016年10月期の“水10”枠で『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』を放送開始します。

原作は、宮木あや子さんの小説『校閲ガール』シリーズ(KADOKAWA刊)で、原稿のミスを調べて直すという地味な「校閲部」に配属された主人公が、ド派手ファッションに身を包み、作家に直接会いに行ったり、事実確認のために現場に乗り込んだりと、校閲の仕事を超えて大暴れしていくお仕事コメディ作品。

今回は、ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』のキャストやあらすじ、主題歌情報をまとめてみました。

★前クール夏ドラマ『家売るオンナ』

スポンサードリンク

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子の基本情報

タイトル:『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』
放送開始:2016年10月5日〜(初回10分拡大)
放送時間:毎週水曜日22時00分〜
放送局 :日本テレビ系列
原作  :宮木あや子「校閲ガール」シリーズ(KADOKAWA刊)
チーフプロデューサー:西憲彦
プロデューサー:小田玲奈、森雅弘、岡田和則(光和インターナショナル)
脚本  :中谷まゆみ
演出  :佐藤東弥
音楽  :大間々昂
制作協力:光和インターナショナル
制作著作:日本テレビ
主題歌 :Heaven’s Door ~陽のあたる場所~(ユニバーサル ミュージック/ EMI Records)
歌手名 :栞菜智世

地味スゴ(実写ドラマ版)キャスト登場人物まとめ

河野悦子(かわのえつこ)役
石原さとみ(いしはらさとみ)
ファッション誌の編集者を夢見て出版社に入社。
原稿の誤字や脱字、つじつまの合わない表現などを指摘・修正する「校閲部門」に配属になる。

折原幸人(おりはらゆきと)役
菅田将暉(すだまさき)
作家(兼)モデルの謎めいた大学生。
実は作家の是永是之。

森尾登代子(もりおとよこ)役
本田翼(ほんだつばさ)
悦子の高校の後輩で、ファッション誌の編集者。

米岡光男(よねおかみつお)役
和田正人(わだまさと)
一見気弱で根暗に見える校閲部員。

藤岩りおん(ふじいわりおん)役
江口のりこ(えぐちのりこ)
厳しくて真面目な校閲部員。

尾田大将(おだだいすけ)役
田口浩正(たぐちひろまさ)
悦子の家のしたにある、おでん屋の大将。

本郷大作(はんごうだいさく)役
鹿賀丈史(かがたけし)(特別出演)
日本を代表する、大御所のミステリー作家。

貝塚八郎(かいづかはちろう)役
青木崇高(あおきむねたか)
校閲部を見下している、文芸編集部の売れっ子編集者。

茸原渚音(たけはらしょうおん)役
岸谷五朗(きしたにごろう)
悦子を採用し、温かく見守る校閲部の部長。

今井セシル(いまいセシル)役
足立梨花(あだちりか)

波多野 望(はたののぞみ)役
伊勢佳世(いせかよ)

佐藤百合(さとうゆり)役
曽田茉莉江(そだまりえ)

青木洋平(あおきようへい)役
松川尚瑠輝(まつかわなるき)

正宗信喜(まさむねのぶよし)役
杉野遥亮(すぎのようすけ)

東山(ひがしやま)役
ミスターちん

西田(にしだ)役
長江英和(ながえひでかず)

北川(きたがわ)役
店長松本(てんちょうまつもと)

亀井さやか(かめいさやか)役
芳本美代子(よしもとみよこ)

※今後も出演者情報がわかりしだい追記していきます

地味にスゴい校閲ガールの主題歌は栞菜智世さんが担当!

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子の主題歌は栞菜智世(かんなちせ)さんに決まりました。
そしてドラマの主題歌は、11月9日に3rdシングルとしてリリースされる新曲「Heaven’s Door ~陽のあたる場所~」。
栞菜さんは、ドラマ主題歌を担当するのは今回が初めてだとか。
何かから逃げてしまいたい時や、辛くてめげそうな時にそこを乗り越えたらHeaven’s Doorを自分が開くことが出来るんだ、と勇気をもらえる心からの応援ソング。

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子のあらすじネタバレ

※ネタバレがありますので、読みたくないという方はとばしてください。
↓↓↓↓

ファッション編集者を目指して出版社に入社したものの、原稿のミスを調べて直すという地味な「校閲部」に配属された河野悦子(石原さとみ)。
普段、校閲者は作家と直接やりとりを行わないが、悦子は作家に直接会いに行ってしまう。
通常、校閲者は取材現場に行かないが、悦子は事実確認のために現場に乗り込んでいく。
小説の些細な点が気になって舞台となる北海道に直行。週刊誌が追う事件の真実を確かめに現場に潜入。
時には、矛盾点を作家に訴え内容を大幅に変更させることも!? 地味と思われていた校閲の仕事に新しい風を巻き起こす。
ド派手ファッションに身を包み、作家に直接会いに行ったり、事実確認のために現場に乗り込んだりと、校閲の仕事を超えて大暴れしていくお仕事コメディ作品。

まとめ

親友の結婚式でのあいさつで、文章の難しさを痛感したばかりだと言っていた石原さんとみさんが、ヒロイン河野悦子役を演じてくれます。
そんな石原さん、いろいろなドラマやCMなどで活躍されていますが日本テレビ局での連ドラで主演を務めるのは初めてだそうです。
“水10”枠と言えば、篠原涼子さん主演の『ハケンの品格』、菅野美穂さん主演の『働きマン』などの数多くの、お仕事ドラマを生み出してきました。
現在も、北川景子さん主演の不動産屋の営業マンが活躍する2016年夏クールのドラマ『家売るオンナ』放送中。
かわいかったり、かっこよかったりする女の子が主人公のドラマが大好きです。
石原さとみさんが、どんな河野悦子を演じてくださるのか、いまから楽しみでなりません。

スポンサードリンク


ココ迄、お読み頂きありがとうございました!
応援ぽちっとお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 逃げるは恥だが役に立つキャストあらすじ主題歌
  2. IQ246華麗なる事件簿キャストあらすじ主題歌
  3. 家政夫のミタゾノキャストあらすじ主題歌
  4. 2016年10月期秋ドラマ
  5. 石川五右衛門ドラマキャストあらすじ主題歌
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。