しあわせの記憶(ドラマ)あらすじネタバレ、キャスト・ロケ地情報!

この記事は2分で読めます

MBSの開局65周年を記念する新春特別企画2時間ドラマ『しあわせの記憶』が、2017年1月8日(日)21時00分~TBS、MBS系列で放送されます。

「セカンドバージン」「家売るオンナ」などを手掛けた人気脚本家・大石静さんが脚本を書き下ろした作品です。

今回は、ドラマ『しあわせの記憶』のキャストやあらすじ・ロケ地情報をまとめてみました。

スポンサードリンク

しあわせの記憶の基本情報

タイトル:『しあわせの記憶』
放送日 :2017年1月8日
放送時間:日曜日21時00分〜23時
放送局 :TBS系列
プロデューサー:志村彰、関川友理、竹園元
脚本  :大石静(家売るオンナ、ふたりっ子)
音楽  :吉俣良(篤姫、冷静と情熱のあいだ)
演出  :竹園元
主題歌 :娘より
歌手名 :Uru (ソニー・ミュージックレーベルズ)

しあわせの記憶(ドラマ)登場人物とキャストまとめ

三浦太郎(みうらたろう)役
渡辺謙(わたなべけん)
無理な事業拡大で失敗した風来坊の父親。

津島純子(つしまじゅんこ)役
麻生祐未(あそうゆみ)
倒産が原因で離婚した妻。
現在は、近所の喫茶店でパートをしている。

津島夏波(つしまななみ)役
北川景子(きたがわけいこ)
ネット通販ビジネスで企業した女社長の長女。

津島冬花(つしまふゆか)役
二階堂ふみ(にかいどうふみ)
就職浪人中で、コンビニにバイトし将来を悩んでいる次女。

田島佑(たじまゆう)役
千葉雄大(ちばゆうだい)
コンビニのチーフ。
自身も将来の姿が見えず悩んでいる。

吉岡幸起(よしおかこうき)役
三浦貴大(みうらたかひろ)
ネット通販ビジネス会社の副社長。
業績が落ち、大手会社との合併で社長と対立中。

佐藤友義(さとうともよし)役
山崎樹範(やまざきしげのり)
太郎とゴミ回収車で働く同僚。

尾方正志(おがたまさし)役
菅原大吉(すがわらだいきち)
喫茶店にコーヒーの焙煎豆を納品する業者。

渡辺謙主演ドラマしあわせの記憶のあらすじネタバレ

※ネタバレがありますので、読みたくないという方はとばしてください。
↓↓↓↓
事業の失敗で太郎(渡辺謙)が離婚して、家を出てから早いものでもう5年が経ってしまった。
その家には、長女・夏波(北川景子)、次女・冬花(二階堂ふみ)、 母・純子(麻生祐未)が生活している。
久方ぶりに、口紅をつけて外出する母の動向が娘たちには気になった。

そんな中、家賃滞納で金の工面に苦しむ太郎が、夏波の会社を訪ねてくる。
ネット販売ビジネスで景気の良い夏波に金をせびる為に来たのだ。
一家を父の代わりに、支えてきた夏波は、彼の相変わらずの風来坊ぶりに激怒する。
あげくの果て、かつて暮らしてきた家に太郎は転がりこむ。
 
共同経営者の友人・吉(三浦貴大)との関わりがあまり良くない夏波、アルバイト先のコンビニでチーフの田島(千葉雄大)に手厳しく当たられ、落ち込みがちの冬花。
離婚した妻・純子は、新しい恋の相手・尾方(菅原大吉)を見つけ、太郎が放棄した懐かしい家では、それ ぞれが新しい人生を歩み始めていた。
幸せだった頃の思い出を胸によぎらせながら、太郎は不器用にそれぞれの葛藤に関わっていく。

しあわせの記憶(ドラマ名)の結末は?

※放送終了後に記載します

しあわせの記憶の気になるロケ地は?

気になるロケ地は、長女の夏波役を演じる北川景子さんが、みなとみらい線の日本大大通り駅やその付近の官公庁街で撮影ロケをしていたとの目撃情報がありました。
また、JR川崎駅東口付近にある富士通川崎スタジアム、宮前区にある東高根森林公園でも目撃情報がありました。

予告動画

 

まとめ

三浦太郎役を演じる主人公の渡辺謙さんは、知る人ぞ知る映画やミュージカルなど、国内外の最高峰で活躍を続ける俳優さんですね。
2016年11月にテレビ朝日で放送された、ドラマスペシャル『五年目のひとり』では東日本大震災でいまだ震災の傷と闘いながら生きる孤独な男を、静かな演技で表現されていました。
そんな渡辺さんが、新春放送の特別企画ドラマで、現代版の寅さんのような感じのダメ男を演じるようです。
きっと渡辺さんのダメ男は、ほっこりして家族みんなで笑える男を演じてくれるのでしょう。
楽しみですね。

スポンサードリンク


ココ迄、お読み頂きありがとうございました!
応援ぽちっとお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。