鎖女刑事音道貴子あらすじネタバレ、キャスト情報!乃南アササスペンス

この記事は2分で読めます

鎖女刑事キャストあらすじ

乃南アサの本格ミステリー作品、鎖 女刑事 音道貴子は、2016年7月6日(水)21:00からテレビ東京系水曜ミステリー9特別企画で放映されます。

このドラマは、直木賞受賞作の「凍える牙」の続編原作「鎖」の初ドラマ化された作品です。

今回はドラマ『鎖 女刑事 音道貴子』のキャストや、あらすじをまとめてみました。

スポンサードリンク

鎖 女刑事 音道貴子の基本情報

タイトル:『鎖 女刑事 音道貴子』
放送日 :2016年7月6日
放送時間:水曜日 21時00分〜22時分
放送局 :テレビ東京系列
原作  :乃南アサ『女刑事 音道貴子 鎖』(新潮文庫刊)
脚本  :坂上かつえ
監督  :児玉宜久
エンディング曲 :マスカット
歌手名 :平原綾香

鎖 女刑事 音道貴子のあらすじやネタバレ

占い師一家みな殺し事件に男勝りの女刑事・音道貴子(小池栄子)は、機捜(機動捜査隊)として捜査に加わる。
事件の際は貴子は女の身でありながら、犯罪現場に急行し初動捜査に当たる機捜に配属されたほど勝気な性格なのだ。
ところが女癖が悪いと評判の刑事、星野秀夫(阿部力)と相方を組まされた。
星野の誘いを貴子がすげなく断ると、冷淡に手の平を返したように扱われる。
しかも重大な手掛かりを貴子が見つけても、上司に自分の手柄として報告していた。
怒りに震える貴子。

そのうえ、貴子に星野は規則違反の単独行動を命じ、仕方なく貴子は一人で町に聞き込みに出る。
犯人一味と思われる男の引っ越し先を偶然にも突き止め、貴子は犯人の住む家に向かう。
以前に引ったくり事件で被害にあった主婦・中田加恵子(西田尚美)が、捜査の途中に現れる。
貴子が知っている加恵子は、働かない夫の代わりに年老いた父の介護をしながら、看護師とスナックのアルバイトを掛け持ちして子供二人を育てている苦労人だった。
貴子は、日々の満たされない思いを語る加恵子を放っておけずについて行き、潜んでいた犯人に睡眠薬で眠らされ拉致されてしまう…。

一方、かつての同僚刑事・滝沢保(高橋克実)は連絡が取れなくなった貴子の身を案じ、詰め寄るが星野は事実を白状しない。
細い手掛かりから滝沢と平嶋真紀(篠田麻里子)は、やっとつきとめたアパートの一室に踏み込むが、そこで犯人一味の男の無残な死体を発見する。
滝沢は新たな手掛かりを探すが、刻々と貴子の身に危険が迫る…。

鎖 女刑事 音道貴子の結末は?犯人はあの人!

※放送終了後に記載します

鎖 女刑事 音道貴子の登場人物とキャストまとめ

音道貴子(おとみちたかこ)役
小池栄子(こいけえいこ)
男勝りの女刑事。

中田加恵子(なかたかえこ)役
西田尚美(にしだなおみ)
以前に引ったくり事件で被害にあった主婦。

星野秀夫(ほしのひでお)役
阿部力(あべつよし)
女癖が悪いと評判の刑事。

平嶋真紀(ひらしままき)役
篠田麻里子(しのだまりこ)
刑事。

島崎晋(しまざきすすむ)役
東根作寿英(とねさくとしひで)

保戸田修(ほとだおさむ)役
尾上寛之(おのうえひろゆき)

柳沼伸治(やぎぬましんじ)役
益岡徹(ますおかとおる)

守島勝則(もりしまかつのり)役
阿南健治(あなんけんじ)

鶴見明 (つるみあきら)役
蛯沢康仁(えびさわやすひと)

吉村管理官(よしむらかんりかん)役
佐戸井けん太(さといけんた)

堤健輔 (つつみけんすけ)役
黄川田将也(きかわだまさや)

井川一徳(いがわかずのり)役
小木茂光(おぎしげみつ)

滝沢保 (たきさわたもつ)役
高橋克実(たかはしかつみ)
かつての同僚刑事。

鎖 女刑事 音道貴子の注目点

主演を務める小池栄子さん、意外だったのが水曜ミステリー9初登場で初主演なんだそうです。
数多くのドラマに主演され活躍されていますよね。
2016年春クールのドラマ『世界一難しい恋』ではホテルの若社長の秘書役として男性陣の視線を釘付けにしてくれました。
そんな小池さんが読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞し、迫真の演技で魅せる孤独な戦いと衝撃のラスト!
楽しみですね。
そして、平嶋真紀役で元AKBの篠田麻里子さんが出演しております。どの様な演技が見られるのでしょうか?

スポンサードリンク


ココ迄、お読み頂きありがとうございました!
応援ぽちっとお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 電子の標的キャストまとめ
  2. 共犯元刑事キャストあらすじ
  3. 南果歩主演マザー強行犯係の女キャストあらすじ
  4. 喪失の儀礼キャストまとめ
  5. さくらポリスキャストあらすじネタバレ
  6. 空白の起点あらすじネタバレキャスト
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。