南果歩主演マザー強行犯係の女~傍聞き~のキャストやあらすじをまとめてみた!

この記事は3分で読めます

南果歩主演マザー強行犯係の女キャストあらすじ

マザー・強行犯係の女~傍聞き~は、2016年4月20日(水)21:00からテレビ東京系水曜ミステリー9で放映されます。

「傍聞き」は、日本推理作家協会賞(短編部門)受賞作で、40万部超の大ヒット短編集です。

強行犯係・羽角啓子(南果歩)が傍聞きで、連続殺人に潜む過去の闇、怨恨、娘の本心に迫ります。

スポンサードリンク

マザー・強行犯係の女~傍聞き~の基本情報

タイトル:『マザー・強行犯係の女~傍聞き~』
放送日 :2016年4月20日 水曜日
放送時間:21時00分〜22時48分
放送局 :テレビ東京系列
原作  :長岡弘樹 「傍聞き」(双葉文庫刊)
脚本  :若村匡子
監督  :筧昌也
エンディング曲 :マスカット
歌手名 :平原綾香

マザー・強行犯係の女~傍聞き~のあらすじやネタバレ

マザー強行犯係の女画像元:http://goo.gl/lv1cU

ある日、立て続けに若い女性を狙った殺人が発生する。
阿川明美(由梨乃)、建設会社勤務のOLが一人目の被害者だった。
神田朱美(木嶋のりこ)、フリーターの女性が二人目となった。
いずれも、×印が口紅で死に顔に描かれ、通り魔連続殺人事件として杵坂署・強行犯係の羽角啓子(南果歩)らは捜査を進める。

同じ頃、普段から懇意にしている啓子の自宅の二軒隣りに住む羽角フサノ(佐々木すみ江)が、居空き事件の被害に遭ってしまう。
フサノの話では、一昨日ぶつかった人が落とした腕時計と共に現金が被害にあったと言う。
さらに、怪しい右目の下に傷がある男が犯行時刻にいたという目撃情報も入ってきた。

それを聞いた啓子は、横崎宗市(高橋和也)のことを思い出す。
2年前に逮捕し、右目の下に傷を負わせた男だ。
出所を10日前にしており、菜月(濱田ここね)が恨みから狙われないか不安に思っていた。

そんな中、女子大生・澤井夏蓮(瀬戸さおり)、歌舞伎界のプリンスの恋人で読者モデルが遺体となって発見される。
×印が顔に書かれていたことから、通り魔殺人と同一犯と目されるが、夏蓮だけ×の書き順が違うことに啓子は気づいた。

別人による犯行の可能性を捜査会議で指摘するが、捜査一課の課長・田神崇(丸山智己)からその時、3年前に殺人で逮捕された木場亮介(杉山ひこひこ)と、朱美殺害現場に残った毛髪が一致したことが告げられる。
捜査員は、木場の自宅に身柄を確保すべくを訪ねるが、すでにもぬけの殻であった。

一方、「余計なことはするな」と刑事課長の八生守雄(佐戸井けん太)から、釘をさされた啓子だったが、夏蓮の身辺調査を独断で始めていた。
そんな中、伊丹小次郎(田中要次)、警務課長に呼び出される。
啓子に、留置所にいる人物が会いたがっていると言うのだ。
その男は、横崎でフサノ宅の居空きをしたとして捕まり、啓子はさらに身の危険を感じていた。

その頃、衣類が木場の家で発見され、第一の被害者・明美のものであると判明した。
警視庁鑑識課管理官・秋月浩司(柄本明)は、犯人らしき証拠をつかみ田神に、その人物探しに人を割いてほしいと懇願するが、木場の確保が先だと聞く耳を持たない。
啓子と秋月は、夏蓮の犯人は別人だと考えている。
連続殺人の犯人は同一人物なのか否か?

再び×印が書かれた、第四の殺人が木場の行方もつかめない中、発生してしまうことに・・・。

マザー・強行犯係の女~傍聞き~の登場人物とキャストまとめ

羽角啓子(はずみ けいこ)役
南果歩(みなみ かほ)

黒木駿(くろき しゅん)役
皆川猿時(みながわ さるとき)

横崎宗市(よこざき そういち)役  
高橋和也(たかはし かずや)

八生守雄(やぶ もりお)役  
佐戸井けん太(さとい けんた)

田神崇(たがみ たかし)役  
丸山智己(まるやま ともみ)

羽角菜月(はずみ なつき)役  
濱田ここね(はまだ ここね)

富士田登(ふじた のぼる)役  
夙川アトム(しゅくがわ アトム)

澤井梓(さわい あずさ)役
星ようこ(ほし ようこ)

斎藤拓也(さいとう たくや)役  
松下洸平(まつした こうへい)

澤井夏蓮(さわい かれん)役  
瀬戸さおり(せと さおり)

温井博(ぬくい ひろし)役  
日野陽仁(ひの ようじん)

伊丹小次郎(いたみ こじろう)役  
田中要次(たなか ようじ)

羽角フサノ(はずみ フサノ)役  
佐々木すみ江(ささき すみえ)

渡辺郁子(わたなべ いくこ)役  
高橋ひとみ(たかはし ひとみ)

秋月浩司(あきづき こうじ)役  
柄本明(えのもと あきら)

傍聞きとは?

「傍聞き」(かたえぎき)とは、
他の誰かに話していることを傍で聞いていることで、
直接聞くよりも信じてしまうことを「漏れ聞き効果」というそうです。
例えとして、
「ある話を誰かに信じさせたいときに、自分からその人に直接伝えても疑われてしまう。だから、どうしても信じさせたい情報は、それを別の人に喋ってるのを信じさせたい人に聞かせる。そうするとコロっと信じさせてしまう。」それが漏れ聞き効果、「傍聞き」というそうです。

マザー・強行犯係の女~傍聞き~の注目点

主演の南果歩さん、3月に初期の乳がん手術を受けたとの事です。
心配しておりましたが、「病理検査の詳細が出て、転移なしとのこと」
ひとまず安心しました。
これで、またあのパワフルな演技が見られるので楽しみですね。

そしてこのドラマですが、「素敵な選タクシー」の筧昌也さんが監督しているのですね。
物語が複雑に絡み合い、クライマックスに向かっていく巧妙なストーリーとなっているのでしょうか?
楽しみですね!

スポンサードリンク


ココ迄、お読み頂きありがとうございました!
応援ぽちっとお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ソタイ2キャストあらすじ
  2. 鎖女刑事キャストあらすじ
  3. 電子の標的キャストまとめ
  4. さくらポリスキャストあらすじネタバレ
  5. 喪失の儀礼キャストまとめ
  6. 空白の起点あらすじネタバレキャスト
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。