リーダーズ2(ドラマ)あらすじネタバレ、キャスト情報!

この記事は3分で読めます

佐藤浩市さん主演、大型スペシャルドラマ『LEADERS2』は、2017年3月TBSで放映されます。

第2次世界大戦前後、日本の未来のために仲間を信じ、もの作りに人生を賭けた人間たちの生き様を、トヨタ自動車全面協力のもと史実に基づき描いたオリジナルドラマ。

今回は、ドラマ『LEADERS2』のキャストやあらすじ、情報をまとめてみました。

スポンサードリンク

LEADERS2の基本情報

タイトル:『LEADERS2』
放送日 :2017年3月〜(放送予定)
放送時間:曜日時〜時分
放送局 :TBS系列
プロデューサー:貴島誠一郎、伊與田英徳、川嶋龍太郎
脚本  :八津弘幸
演出  :福澤克雄
制作著作:TBSテレビ
主題歌 :未定
歌手名 :未定

リーダーズ2(ドラマ)登場人物とキャストまとめ

愛知 佐一郎(あいちさいちろう)役
佐藤浩市(さとうこういち)
世界一の国産乗用車を作る」という夢に邁進し、その情熱と人間的魅力でアイチ自動車の製造部門と販売部門を引っ張っていく男。

山崎 亘(やまざきわたる)役
内野聖陽(うちのせいよう)
佐一郎の人柄と情熱に惚れ込み、輸入自動車販売店からアイチ自動車の販売店第一号にとなった日の出モータース支配人。

北川 隆二(きたがわりゅうじ)役
吉田栄作(よしだえいさく)
佐一郎と共に国産自動車開発の夢を追いかけ、後にアイチ自動車の労働組合委員長になる。

近藤 利郎(こんどうとしろう)役
萩原聖人(はぎわらまさと)
経理部長。

三宅 光男(みやけみつお)役
高橋和也(たかはしかずや)
総務部長。

太田 耐介(おおたたいすけ)役
緋田康人(ひだやすひと)
挙母工場長。

神田 征太郎(かんだせいたろう)役
神保悟志(じんぼさとし)
アイチ自動車販売担当取締役。

島原 清吉(しまばらせいきち)役
えなりかずき
佐一郎を慕う若手製造員。

高瀬 善造(たかせよしぞう)役
須田邦裕(すだくにひろ)
佐一郎と国産自動車の開発の夢を追いかける。

島原 美鈴(しまばらみすず)役
前田敦子(まえだあつこ)
島原清吉の婚約者で後に妻となる。

愛知 晴子(あいちはるこ)役
山口智子(やまぐちともこ)
内助の功で佐一郎を支え続ける妻。

石山 又造(いしやままたぞう)役
橋爪 功(はしづめいさお)
愛知自動織機の社長から、後のアイチ自動車副社長へと転じ、佐一郎の夢をバックアップする。

大島 磯吉(おおしまいそきち)役
山﨑 努(やまざきつとむ)
裾野の広い自動車部品の協力工場を献身的に束ね、後に協愛会の会長となる。

※今後も出演者情報がわかりしだい追記していきます

リーダーズ2(ドラマ)のあらすじネタバレ

※ネタバレがありますので、読みたくないという方はとばしてください。
↓↓↓↓

1934年(昭和9年)、日本の自動車需要は10年前の関東大震災によって物資輸送網が断絶された苦い経験から、急速に加熱していた。
日本の市場は欧州勢に加えて、アメリカのフォード、GMの本格参入によってまさに外国車販売の戦国時代へ突入していた。
アメリカ流の販売方針を押し付けられることに抵抗し、愛知にあるGM車販売店『日の出モータース』の支配人・山崎亘(内野聖陽)は事あるごとに改善を訴えてきた。
しかし、一販売店の意見に大阪に拠点を置く『日本ゼネラルモータース』は、耳を傾けることはなかった。
山崎は、大阪からの帰りに鈴鹿峠の山道で立ち往生しているシボレーを、背広のまま修理する男・愛知佐一郎(佐藤浩市)に出会う。
これがアイチ自動車売店第一号となり、佐一郎を支え続けることになる山崎亘と佐一郎の運命の出会いであった…。

LEADERS2(ドラマ名)の結末は?

※放送終了後に記載します

まとめ

主人公の愛知佐一郎役務めるのは、前回の「LEADERS」でも好演し、映画・テレビドラマなど幅広い分野で活躍を続ける佐藤浩市さん。
今年の5月・6月に前後編と公開された映画『64(ロクヨン)』でも、警務部秘書課広報室広報官役で素晴らしい演技を見せてくれました。
そして今回の続編では、国産自動車開発の世界から販売の世界へと展開される男たちの物語も見ものとなるのでしょうが、もう一つの注目点は、愛知佐一郎の人柄と情熱にほれ込み、輸入自動車販売店からアイチ自動車の販売店第一号にとなった日の出モータース支配人、山崎亘役を演じるのは内野聖陽さんとの共演ではないでしょうか。
内野さんの熱い男の熱い演技、楽しみですね。

★64(ロクヨン)映画のキャストやあらすじをまとめてみた!

スポンサードリンク


ココ迄、お読み頂きありがとうございました!
応援ぽちっとお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。