お母さん娘をやめていいですか、あらすじネタバレ・キャストロケ地情報!

この記事は2分で読めます

波瑠さんが主演を務める『お母さん、娘をやめていいですか?』が、NHKドラマ10で来年1月13日(日)から放映されます。

この物語は母と娘と一人の男という”三角関係”と、母と娘の泥沼の泥沼のバトルを繰り広げていく様子をサスペンスフルに描くモンスターホームドラマ。

今回は、ドラマ『お母さん、娘をやめていいですか?』のキャストやあらすじなどをまとめてみました。

スポンサードリンク

お母さん、娘をやめていいですか?の基本情報

タイトル:『お母さん、娘をやめていいですか?』
放送開始:2017年1月13日〜(連続8回)
放送時間:毎週金曜日 22時00分〜22蒔48分
放送局 :NHK総合
作   :井上由美子
音楽  :富貴晴美
演出  :笠浦友愛、佐藤譲、大橋守
制作統括:櫻井壮一
主題歌 :未定
歌手名 :未定

NHKお母さん娘をやめていいですか?登場人物とキャストまとめ

早瀬美月(はやせみつき)役
波瑠(はる)
25歳の女子校教師で、母の呪縛から逃れようとする娘。

早瀬顕子(はやせあきこ)役
斉藤由貴(さいとうゆき)
娘を溺愛する50歳の母親。

早瀬浩司(はやせこうじ)役 
寺脇康文(てらわきやすふみ)
仕事一筋で、母と娘の密着を気にしていたが止められない父。

松島(まつしま)役
柳楽優弥(やぎらゆうや)
新築中の早瀬家を担当する住宅メーカーの担当者。

麻生祐未(あそうゆみ)

大空眞弓(おおぞらまゆみ)

壇蜜(だんみつ)

石井杏奈(いしいあんな)

※今後も出演者情報がわかりしだい追記していきます

お母さん娘をやめていいですか?の主題歌は○○さんが担当!

※情報がわかりしだい追記します

波瑠主演NHKドラマロケ地情報

ロケ地は愛知県知多半島北部で、阿久比宮津郵便局や名古屋港水族館での撮影が目撃されているようです。
名古屋市街の、地下鉄東山線覚王山駅近くの幼稚園から大学まである総合学園の椙山女学園高校でもでロケを行ったとの情報がありました。
地下鉄・栄駅や栄付近のショッピングモール・大須の裏門公園付近でも目撃情報がありました。

お母さん、娘をやめていいですか?のあらすじネタバレ

※ネタバレがありますので、読みたくないという方はとばしてください。
↓↓↓↓

娘、早瀬美月(波瑠)25歳。
母、早瀬顕子(斉藤由貴)50歳。
美月の中学受験や大学受験、就職の時もいつも二人三脚で全力を尽くしてきた。
完璧な母のサポートで美月は順調に育ち、今は女子高の英語教師となり、母親であり最高の親友である顕子を全面的に信頼していた。
2人は仲の良いまるで恋人同士のような母娘だった。
父、浩司(寺脇康文)はこの母娘の密着を気にかけていたものの、仕事一辺倒で二人の関係に踏み込むことができないでいた。
そんなとき、新築中の早瀬家を担当する住宅メーカーの松島(柳楽優弥)が、不思議な人懐っこさで二人と親しくなる。
顕子は彼に好感を持ち、美月とつきあうように背中を押すが、松島と会うことで美月は、無意識に母親の顔色を見て生きてきたことを自覚していく。
そんな娘の変化に気付き、自分から離れていくことに動揺した顕子。
自分の一番大切なものを奪われたくないと思いつめた顕子は、なんと松島を誘惑するという行動に出る。
そして、ついに松島を誘惑してしまう―

まとめ

主演を務める波瑠さん、NHK連続ドラマで主演するのは、朝ドラ『あさが来た』のヒロイン以降となるようです。
春クールドラマ『世界一難しい恋』では大野智さんのヒロインを好演、そして夏クールドラマ『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』では初めてドラマ初主演を務め、いま最も波に乗って充実して波瑠さん。
今回は、母の呪縛から逃れようとする娘と、暴走していく母との泥沼のバトルを繰り広げるようです。
母親役の斉藤由貴さんとのバトル、どの様ようになるのか見ものですね。
そして、バトルの先にはどんな結末が待っているのでしょうか?

★ON異常犯罪捜査官のキャスト・あらすじ・主題歌情報!波留が刑事役!はこちら

スポンサードリンク


ココ迄、お読み頂きありがとうございました!
応援ぽちっとお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. キッドナップツアーキャストあらすじネタバレ
  2. ママゴトドラマキャストあらすじ主題歌
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。