お迎えです2話あらすじと1話ネタバレ感想!

この記事は2分で読めます

お迎えデス第2話あらすじネタバレ

延期になっていた、日本テレビ系ドラマお迎えですの気になる第1話がついに15分拡大で放送されました。
この世に未練のある幽霊を「あの世」に送るという不思議なアルバイトや、ピンクの着ぐるみを着させられている死神とか、なんだか気になる展開が満載のドラマです。
今回はドラマ『お迎えデス。』第1話の感想や気になる次回第2話のあらすじを紹介しています。

◆第1話あらすじはコチラ
→お迎えですの第1話のあらすじと予想!ロケ地情報も解禁!

スポンサードリンク

お迎えですの第1話感想

やはり1話のゲスト出演の、初老の男・陽造(伊東四朗さん)と娘の玲子(菅野美穂さん)
物語に厚みが出てきますよね。

そしていきなりの展開でしたが、円が前触れもなくいきなり幸に、交際の申し込み!?
突然でしたね。
円が幸に惚れたのかという感じでもなかったでしたし、流れがよくわかりませんよね。
それを見ていた幽霊の同級生千里は怒っていたようですが、明らかに円のことで成仏できていない感じですよね。
49日までに成仏することができなかったら怨霊となって死神に完全に消されてしまうことになってしまいますが、ちゃんと成仏することができるのでしょうか?

今度、どう盛り上がってくるか楽しみですね。

お迎えですの第1話の気になった衣装は?

土屋太鳳さんの衣装で、赤色や青色原色ばっかのコートで短パンにヒール。
美脚が目に付き、羨ましかったですね!
今までの、かわいいい系から綺麗系への変更でしょうか?
コートのブランド名、何でしょうか?

お迎えですの第2話(次回)あらすじネタバレ!

突然、円(福士蒼汰)は幸(土屋太鳳)に告白。
何を一体考えているのか?

ナベシマ(鈴木亮平)からそんな中、円と幸は新しい仕事を頼まれる。
14歳の和弥(加部亜門)が、今回のターゲットだ。
彼は、長く心臓の病気で入院していたが亡くなった。
病院内をさまよう和弥に成仏できない理由を円と幸は、聞こうとするが大人を和弥は信用せず、心を閉ざしていた。

和弥のそんな心残りは、担当看護師・瑞江(比嘉愛未)との約束だった。
心を閉ざす和弥にも瑞江は、一生懸命に接していた。
生前に、病院の窓から見える観覧車に退院したら一緒に乗るという約束を和弥は瑞江と、したので、それを守りたいのだという。

幸は、円に和弥が憑依して観覧車に瑞江と乗るという形で約束を果たすアイデアを提案した。
幸のアイデアを和弥は受け入れ、もう一つ頼みごとをする。
大きな垂れ幕を用意してそれにメッセージを書き、観覧車に瑞江と乗りそのゴンドラが一番高い所に着いた時、彼女に見せたいという和弥。
なぜメッセージを直接伝えずに、円はわざわざそんなことをしなければならないのかと不思議に思った。

観覧車に円が瑞江と二人きりで乗るには、デートを彼女とするような関係性を作らなければならない。
とはいえ、円には女心が全く理解できない至難の業である。
幸は、尻込みする円に交際について、この仕事をやるなら考えてもいいと条件を言う。
円は、女心を分なりに研究し、瑞江にあの手この手と近付こうとするが…。

◆第1話あらすじはコチラ
→お迎えですの第1話のあらすじと予想!ロケ地情報も解禁!

スポンサードリンク


ココ迄、お読み頂きありがとうございました!
応援ぽちっとお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 僕のヤバイ妻第1話あらすじ
  2. 僕のヤバイ妻キャストまとめ
  3. 毒島ゆり子のせきらら日記キャストまとめ
  4. 重版出来あらすじネタバレ
  5. 2016冬ドラマ主題歌
  6. ディアシスター
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。