楽園(宮部みゆき原作ドラマ)のあらすじネタバレ、キャスト情報!

この記事は2分で読めます

小説家・宮部みゆきさんの代表作『模倣犯』。この主人公・前畑滋子の9年後を描いた作品『楽園』が、2017年1月にWOWOW系列で、実写ドラマ化されることに。 今回は、WOWOWドラマ『楽園』のキャストやあらすじをまとめてみました。

★SPドラマ『模倣犯』のキャストやあらすじ情報はこちら

スポンサードリンク

宮部みゆき原作ドラマ楽園の基本情報

タイトル:『楽園』
放送開始:2017年1月8日〜(全6話)
放送時間:毎週日曜日22時00分〜
放送局 :WOWOW系列
プロデューサー:青木泰憲 、伊藤仁吾
脚本  :篠﨑絵里子(まれ、ヒポクラテスの誓いetc)
監督  :権野 元(震える牛、悪貨etc)
音楽  :羽岡 佳
制作  :WOWOW 、松竹
主題歌 :未定
歌手名 :未定

楽園(ドラマ)の登場人物とキャストまとめ

前畑滋子(まえはたしげこ)役
仲間由紀恵(なかまゆきえ)
模倣犯で起きた事件から9年後に、同事件のトラウマを抱えるライター。

高橋治美(たかはしはるみ)役
黒木瞳(くろきひとみ)
弁護士。

土井崎元(どいさきはじめ)役
小林薫(こばやしかおる)
長女を殺害し16年にわたってその遺体を隠していた夫婦。

土井崎向子(どいさきさきこ)役
松田美由紀(まつだみゆき)
長女を殺害し16年にわたってその遺体を隠していた夫婦。

土井崎誠子(どいさきせいこ)役
夏帆(かほ)
土井崎夫妻の次女。

三和明夫(みわあきお)役
金子ノブアキ(かねこノブアキ)

金川一男(かねかわかずお)役
石坂浩二(いしざかこうじ)(特別出演)

西田尚美(にしだなおみ)

甲本雅裕(こうもとまさひろ)

忍成修吾(おしなりしょうご)

利重剛(りじゅうごう)

おかやまはじめ

池田成志(いけだなるし)

細田善彦(ほそだよしひこ)

金井勇太(かないゆうた)

冨樫真(とがしまこと)

三輪ひとみ(みわひとみ)

黒坂真実(くろさかまみ)

前野朋哉(まえのともや)

伊藤沙莉(いとうさいり)

★映画版やドラマ版とのキャストを比較したい方はこちら

仲間由紀恵主演ドラマ楽園の予告動画

宮部みゆき楽園(ドラマ)のあらすじネタバレ

※ネタバレがありますので、読みたくないという方はとばしてください。
↓↓↓↓

あの時15歳の娘を殺害し、亡骸を16年間、自宅の床下に隠していた土井崎夫妻の騒動がニュースを騒がせていたある日、主婦の荻谷敏子が小さな編集プロダクションで働くライターの前畑滋子(仲間由紀恵)のもとに、訪ねてくる。
敏子は、”他人の記憶が見える”特殊能力が12歳の息子・等にあるかもしれないと前置きし、1枚の等が描いたという絵を差し出す。
それには、灰色の顔をした少女がコウモリ形の風向計が特徴的な家の中で横たわる姿が描かれており、土井崎夫妻の事件に酷似していた。
滋子は、調査を半信半疑で引き受けるが、交通事故で等は亡くなってしまう。
それとは別に、父の代理という弁護士・高橋治美から、土井崎夫妻の次女・誠子は、両親が誠子と縁を切ろうとしていると聞かされ戸惑う。

そのころ、ある街で女子高生が監禁され、バラバラに思えた事件が1つの真相へと向かっていく。

まとめ

2002年にSMAPの中居正広さん主演で映画化され、この9月に中谷美紀さん主演でスペシャルドラマ化(テレビ東京)もされた宮部みゆきのベストセラー小説「模倣犯」の、9年後を描く「楽園」が仲間由紀恵さん主演でドラで化されます。
数多くのドラマや映画・CMなどで活躍されている仲間さんですが、WOWOWドラマ初出演となるそうです。
そんな仲間さん今回、役作りのために自慢のロングヘアーを、20cmも切って撮影に挑んだそうです。
仲間さんの意気込みが垣間見えた気がします。
9年前に自身のルポが原因で一人の女性を死に追いやってしまったヒロイン・滋子がトラウマを克服していく役柄をどの様に演じてくれるのか楽しみですね。

★模倣犯(ドラマ)のキャスト・あらすじ・主題歌情報!映画版キャストと比較もはこちら

スポンサードリンク


ココ迄、お読み頂きありがとうございました!
応援ぽちっとお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ふたがしら2キャストあらすじネタバレ
  2. 賢者の愛ドラマキャストあらすじ主題歌
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。