砂の塔(すなのとう)のキャスト・あらすじ・主題歌情報!

この記事は4分で読めます

砂の塔キャストあらすじ主題歌

2016年10月から放送開始のドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人〜』は、タワーマンションを舞台にしたオリジナルサスペンスドラマ。

菅野美穂さんが4年ぶりにドラマ復帰を果たし、平凡な家族とタワマン主婦達のドロドロ(他)が描かれる様子の今作。
「強制ハロウィン」「地獄のランチ」「フロア差別」と、なんだかお昼のワイドショー見ている気分になる単語が並ぶあらすじに、ついつい面白そうと思ってしまいます。

というわけで、今回はドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人〜』のキャストやあらすじ、主題歌について書きました。

★次クール冬ドラマ『下剋上受験』

スポンサードリンク

砂の塔~知りすぎた隣人〜基本情報

タイトル:『砂の塔~知りすぎた隣人〜』
放送開始:2016年10月14日〜
放送時間:毎週金曜日22時〜
放送局 :TBS系列
プロデューサー:高橋正尚、浅野敦也
脚本  :池田奈津子(『アリスの棘』)
演出  :塚原あゆ子(『夜行観覧車』『Nのために』『アリスの棘』)
主題歌 :砂の塔
歌手名 :THE YELLOW MONKEY

ドラマ砂の塔キャスト登場人物まとめ

【高野家】

高野亜紀(たかのあき)役
菅野美穂(かんのみほ)
家族のために、いつも笑顔で頑張る専業主婦。
タワーマンションに越してきたことで、タワマンに住む主婦たちの「異常な常識」に翻弄されていく。

高野健一(たかのけんいち)
田中直樹(たなかなおき)(ココリコ)
中堅食品会社のケータリング事業部に勤務している亜紀の夫。
とりたてて能力はないが、妻と子どもたちを愛する誠実な男。
家族を安全で清潔な環境に住まわせてやりたい一心で、無理してタワーマンションを購入した。

高野和樹(たかのかずき)役
佐野勇斗(さのはやと)
亜紀と健一の長男で、高校一年生。
母である亜紀の手伝いを進んでしたり、歳の離れた妹・そらを可愛がり、面倒を見たりしている。

高野(長女)役
???
ちょっと照れ屋な幼稚園児。

【隣人】

佐々木弓子(ささきゆみこ)役
松嶋菜々子(まつしまななこ)
完璧で頭が良く、それでいてときおり冗談をいって周囲をなごませ、子どもにも好かれる女性。
裏では主人公・亜紀を不気味に監視する正体不明の隣人。

阿相寛子(あそうひろこ)役
横山めぐみ(よこやまめぐみ)
タワーマンションの最上階に住むボスママで、夫は会社経営。
ブランド物を優雅に着こなし、余裕のあるマダムぶりをアピールしており、そのためかプライドが雲よりも高い。

阿相武文(あそうたけふみ)
津田寛治(つだかんじ)
寛子の夫で、イベントの企画・運営している会社の社長。
ヤリ手で、精力的に仕事に取り組む敏腕社長だが、寛子には頭が上がらない。
その息抜きに、家の外では寛子に内緒で羽を伸ばしている。

橋口梨乃(はしぐちりの)役
堀内敬子(ほりうちけいこ)
ハーバード大学へ留学経験があるという高スペックママ。
タワマン主婦の中ではスマートな常識人であるかに見えるが、面倒ごとに巻き込まれないよう振る舞っており、自身へのコンプレックスから、周囲には打ち明けられない秘密を抱えている。

橋口成美(はしぐちなるみ)役
川津明日香(かわずあすか)
梨乃の長女で和樹のクラスメイト。
活発で、転校生して来た和樹の様子を気にかけ、自分から声をかける。

尾野綾香(おのあやか)役
ホラン千秋(ホランちあき)
悪い人間ではないが、依存心が強く流されやすい、女子力高めの若いママ。
二階に住んでいるから自分は馬鹿にされている、という強迫観念にとらわれており、そんな劣等感を抑えるため、ある秘密を持っていて…。

【幼馴染】

生方航平(うぶかたこうへい)役
岩田剛典(いわたたかのり)(EXILE / 三代目J Soul Brothers)
主人公・亜紀の娘のそらが通う子供教室の体操コーチで、亜紀とは、同じ下町の商店街育ち。
タワマン主婦たちの母性本能をくすぐりつつも、子どもたちの可能性を伸ばしたいという熱く真っ直ぐな情熱を持っている。

【その他】

津久井琢己(つくいたくみ)役
上杉柊平(うえすぎしゅうへい)
先輩である荒又を尊敬し、支えている警視庁捜査一課の若手刑事。
明るく快活でさわやかな青年だが、事件解決には熱血な姿勢を見せる。

荒又秀実(あらまたひでみ)役
光石研(みついしけん)
警視庁捜査一課の名物刑事で、タワーマンション周辺で起こる、連続誘拐事件を捜査している。
刑事としての力量は確かだが、妻からの電話であれば、会議中でも迷わず出るほどの愛妻家。

※キャスト情報がわかり次第、随時更新していきます!

主演・菅野美穂さん、砂の塔を語る!

☆公式インタビュー動画

動画中「キャストが素晴らしい!」と言っていた菅野さん。その前置き「自分なんてハナクソみたい」とおっしゃられていて、
あぁ4年ぶりのドラマ復帰でも変わっていなさそうだなぁと感じました笑

親しみやすい雰囲気は健在な菅野さんが、『砂の塔』では、いじめ抜かれるらしいので、怖い怖い。

また、作品について「素敵なタワーマンションの中で起こっているサスペンスですが、追い込まれていく人間の滑稽な様が描かれています。端から観ていると笑ってしまうような。ちょっとコメディみたいで笑」と、サスペンス?コメディ?え?え?と混乱しそうなコメントを笑いながら話していました。

菅野さん自身お母さんになられたということで、そういった母親目線での共感も演技に取り入れていきたいそうで。

その昔、イグアナの娘(ドラマ)だったのに。時の流れを感じます。

余談ですが、動画中の字幕に赤いドロップシャドウ(影的な効果)がかかっていたのが、昭和感。

砂の塔で主題歌を歌うのは?

砂の塔は、上野樹里さん主演ドラマ『アリスの棘』の脚本家・池田奈津子さんのオリジナル作品。そして、演出は『アリスの棘』でタッグをくんだ演出家・塚原あゆ子さん。
この時の主題歌を、高橋優さんが歌っています。

高橋優さんとサスペンス作品主題歌は、相性がいいかなぁと思うので、もしかしたら今回も担当されるかもしれませんね。

【追記】
主題歌を担当するのは、ロックバンドTHE YELLOW MONKEYに決定しました。そして、注目の主題歌は、書き下ろし曲の「砂の塔」。
イエモンさんにとって、ドラマ主題歌の書き下ろしは、1997年のTBSドラマ『職員室』以来、実に19年ぶりとなるそうです。
ニューシングル「砂の塔」はドラマ第2話放送前々日の10月19日(水)発売予定です。

砂の塔(ドラマ)のあらすじネタバレ

※ネタバレがありますので、読みたくないという方はとばしてください。
↓↓↓↓

家族念願のタワーマンションに引っ越してきた高野家。
高野家は、高野亜紀(菅野美穂)は専業主婦・旦那は会社員。高校生の長男と、幼稚園に通う長女。ごく普通の、平凡な家族だった。

最新のハイテクセキュリティに守られ、安全で快適な暮らしを夢見た高野家が新しい日常をスタートした頃。隣の不気味で恐ろしい住人に出会う。この出会いが、高野家の運命の歯車を狂わせていく・・・。

「2階の住人は所詮レベル2の人生よ」

大衆から憧れの眼差しを向けられ、キラキラしていると思われたタワーマンションの中に渦巻く、虚栄心・嫉妬・プライド。そして、非常識な常識。強制ハロウィン、地獄のランチ、フロア差別、ゴミ出しにも正装。常識では考えられない、習慣。

隣人は、タワマン主婦たちの深層心理を思うままに操りながら、高野家を追い詰め、孤立させ、苦しめていく。

さらには、連続誘拐事件が勃発。警察をも翻弄する犯行。失踪現場には毎回一輪の花が置かれていた。

隣人と誘拐事件の犯人像の奇妙な一致・・・。

普通の主婦・亜紀は、愛する家族を守れるのか!? 高野家を貶める隣人の理由とは?

人間の奥深くにある悪意や、本当の家族愛を問いかけたオリジナルドラマが、今始まる。

まとめ

菅野美穂さんが、4年ぶりに連続ドラマに帰ってくるというのだから、とても楽しみ!

しかも、演出を担当するのは榮倉奈々さん主演ドラマ『Nのために』で第83回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 監督賞を受賞した塚原あゆ子さん。湊かなえさん原作というだけでなく、演出方法も見ていてドキドキソワソワザワザワさせてくれて。さらには、『夜行観覧車』でも、ドキドキソワソワ(以下略)
さらに期待も高まります!

キャスト陣も、超豪華布陣で挑むらしいということで、また、続報が入り次第追記していきます!

スポンサードリンク


ココ迄、お読み頂きありがとうございました!
応援ぽちっとお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 校閲ガールキャストあらすじ主題歌
  2. ドクターエックス4期キャストあらすじ主題歌
  3. レディダヴィンチキャストあらすじ主題歌
  4. 石川五右衛門ドラマキャストあらすじ主題歌
  5. 潜入捜査アイドル刑事ダンスキャストあらすじ主題歌
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。