廣瀬智紀主演映画、探偵は今夜も憂鬱な夢を見るキャスト・あらすじ・主題歌情報!

この記事は3分で読めます

探偵は今夜も憂鬱な夢を見る映画キャスト主題歌あらすじ

舞台版『弱虫ペダル』での巻島裕介役や、『私のホストちゃん』での鳳条夕妃役などを務めていた、廣瀬智紀さん。そんな彼が主演&主題歌を担当することになった映画『探偵は今夜も憂鬱な夢を見る』のキャストやあらすじ、主題歌。そして、廣瀬智紀さんが扱う鞭についてなどなど(笑)の情報をまとめてみました。

スポンサードリンク

探偵は今夜も憂鬱な夢を見る、基本情報のご紹介

CnC6uRFUcAIwDgZタイトル:『探偵は今夜も憂鬱な夢を見る』
放映期間:2017年春公開予定
脚本  :継田淳(虎影、ヒーローマニア-生活-、etc)
監督  :櫻井信太郎(ソングドリーマーズ☆)
主題歌 :candy lights
歌手名 :廣瀬智紀

探偵は今夜も憂鬱な夢を見るのあらすじとは?

紅伊探偵事務所の所長を務める風変わりな男性、紅伊玲二(廣瀬智紀)のもとへ、ある日少年が訪れる。彼の依頼を引き受ける事にした玲二だったが、この依頼をきっかけに、相棒である藍彰二とともに事件に巻き込まれていく。

登場人物とキャストまとめ

紅伊玲二(べにいれいじ)役
廣瀬智紀(ひろせともき)
癖のある探偵。ブルウィップと呼ばれる鞭を駆使して戦う。

藍彰二(あおいしょうじ)役
青木玄徳(あおきつねのり)
頭よりも体が先に動く熱血漢で、玲二と協力して依頼人を救う。

沙織(さおり)役
岸明日香(きしあすか)
地下アイドル。

弥生(やよい)役
田島令子(たじまれいこ)
玲二の祖母で探偵事務所のオーナー。

桜井(さくらい)役
田中要次(たなかようじ)
祖父に恩がある任侠ヤクザ。

大文字(だいもんじ)役
津田寛治(つだかんじ)
桜井と敵対する大文字組組長。

小野真弓(おのまゆみ)
竹井亮介(たけいりょうすけ)
松谷賢示(まつたにけんじ)(水玉れっぷう隊)
正木蒼二(まさきそうじ)
中野マサアキ(なかのマサアキ)
磯貝虹來(いそがいこうき)
龍坐(りゅうすわる)
碓井将大(うすいまさひろ)

紅伊が武器にしているブルウィップ(鞭)について調べてみた!

紅伊が敵?と戦う際に使う武器が、ブルウィップと呼ばれるタイプの鞭なのだそうです。
正直、鞭といえば「女王様」という卑猥な考えがよぎってしまいがちな方も多いかと思いますが笑
今回は、武器として使われるそうで。武器?ブルウィップ?何?と思い調べてみました。

形状としては、こんな感じのもの。
インディージョーンズなども、このタイプ。

photo_bull02

ブルウィップタイプには、「ターゲットタイプ」と「クラッキングタイプ」の2種類があり、前者は的を狙うことに、後者は音を鳴らすことに、それぞれ特化したもの。
因みに、どちらのタイプも、「日本鞭競技協会の競技使用基準にも適合したムチ」なんだとか。個人的に、日本鞭競技会があることにテンションがあがりました笑

主演廣瀬智紀は主題歌も担当!

この映画『探偵は今夜も憂鬱な夢を見る』では、主演を務めている廣瀬智紀さんが主題歌も担当します。舞台などで定評のある彼の歌声に期待が高まっている方もいるのではないでしょうか?

主題歌のタイトルなどがわかりしだい、追記していきますのでしばしお待ちを。

【追記】
主演を務めている廣瀬智紀さんが担当する楽曲名は、candy lights。
そして、作詞・作曲を人気4人組オルタナティヴバンドのTAMTAM(タムタム)のヴォーカル&トランペットのクロさんが担当し、編曲をTAMTAMが行っています。

樋口有介原作、探偵は今夜も憂鬱との関係は?

映画情報を調べようと「探偵は今夜も憂鬱」まで検索窓に打ち込むと、樋口有介さんの小説『探偵は今夜も憂鬱』が表示されました(2016年7月現在)。
はてはて?映画とは関係あるのか?と一瞬戸惑いましたが、この小説の主人公の名前は柚木草平(ゆずきそうへい)。
映画の公式HPでも原作情報は見当たらないですし、どうやら関係はなさそうです。

映画に対するネットでの反応まとめ

☆たしかに、映画の略しかたは問題。

☆とっても喜ばれていると、本人も嬉しいと思う。

☆ファンの間では「ちゃんとも」

まとめ

舞台俳優さんのメディア出演も増えてきている印象があるこの頃。どんな雰囲気の映画にしあがっていくのか、注目です。

スポンサードリンク


ココ迄、お読み頂きありがとうございました!
応援ぽちっとお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 映画忍びの国キャストあらすじ主題歌
  2. ナラタージュ映画キャストあらすじ主題歌
  3. 22年目の告白キャストあらすじ主題歌
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。