東京タラレバ娘(ドラマ)のキャスト・あらすじ・主題歌情報!

この記事は2分で読めます

吉高由里子さんの主演が決定した実写ドラマ『東京タラレバ娘』。東村アキコさん原作の同名人気マンガの実写化で、2017年1月からの日本テレビ系水曜ドラマで始まります。

現在講談社の「Kiss」で連載中の累計発行部数180万部超え、二年連続「このマンガがすごい大賞オンナ編第2位」を受賞した漫画の連続ドラマ化。

今回は、実写ドラマ『東京タラレバ娘』のキャストやあらすじ、主題歌情報をまとめてみました。

スポンサードリンク

東京タラレバ娘(ドラマ)の基本情報

タイトル:『東京タラレバ娘』
放送開始:2017年1月18日
放送時間:毎週水曜日22時00〜
放送局 :日本テレビ系列
チーフプロデューサー:伊藤響
プロデューサー:加藤正俊、鈴間広枝、鈴木香織(AXON)
脚本  :松田 裕子
演出  :南雲聖一
制作協力:AXON
制作著作:日本テレビ
主題歌 :未定
歌手名 :未定

ドラマ版東京タラレバ娘の登場人物とキャストまとめ

鎌田倫子(かまたりんこ)役
吉高由里子(よしたかゆりこ)
30歳で独身、売れない脚本家で、幸せを求めて恋や仕事に奮闘する。

山川香(やまかわかおり)役
榮倉奈々(えいくらなな)
高校時代から親友のネイリスト。

鳥居小雪(とりいこゆき)役
大島優子(おおしまゆうこ)
親友で居酒屋の看板娘。

早坂哲朗(はやさかてつろう)役
鈴木亮平(すずきりょうへい)
かつて倫子にフラれたドラマプロデューサー。

KEY:鍵谷春樹(かぎたにはるき)役
坂口健太郎(さかぐちけんたろう)
新進気鋭のモデル。

鮫島涼(さめじまりょう)役
平岡裕太(ひらおかゆうた)
人気バンドのギタリスト。

芝田マミ(しばたマミ)役
石川恋(いしかわれん)
ドラマ制作会社のAD。

鳥居安男(とりいやすお)役
金田明夫(かねだあきお)
居酒屋呑んべの店主。

丸井良夫(まるいよしお)
田中圭(たなかけい)
サラリーマン。

※今後も出演者情報がわかりしだい追記していきます

東京タラレバ娘の主題歌は○○さんが担当!

※情報がわかりしだい追記します

ドラマ東京タラレバ娘のあらすじネタバレ

※ネタバレがありますので、読みたくないという方はとばしてください。
↓↓↓↓

売れない脚本家、鎌田倫子。
今まで全くチャンスがなかったわけじゃないけれど、「綺麗になったら、もっといい男が現れる!」「好きになれば、結婚できる!!」と思い続けて気づいたら彼氏なしの独身30歳。
高校時代からの親友、香と小雪の3人で、愚痴を言い合う女子会をしてばかりの日々を送っていました。
しかしそんなある日、そんな話ばかりしていると騒がしい3人に対して突然、金髪イケメン男子(年下)に「このタラレバ女!」と言われてしまいい、ハタと厳しい現実にブチ当たる。
「あれ?あたしたちってもう女の子じゃないの?」オトナになりきれないまま30代に突入したヒロインが、幸せを求めて、恋に仕事に悪戦苦闘、右往左往する。
頑張ってないわけじゃないのに、幸せになれない…果たして3人は、それぞれの幸せをつかむことができるのでしょうか。

まとめ

主人公を務める吉高由里子さんは、NHK連続テレビ小説「花子とアン」以来2年ぶり、日本テレビ系では2010年の『美丘―君がいた日々―』以来のテレビドラマ主演となります。
特に多くのアラサー女性の支持を受けている、恋も仕事も上手くいかず、女子会ばかりやっているアラサーの脚本家を演じてくれます。
プライベートでは7月に「フライデー」(講談社)で関ジャニ∞の大倉忠義さんとの熱愛が報じられるなど、いろいろと話題性の多い吉高さん。
タラレバばかりこぼしているところからふと我に返り、自分がすでに女子ではないことを自覚させられるアラサー独身女子をどの様に演じてくれるのか楽しみですね。   

スポンサードリンク


ココ迄、お読み頂きありがとうございました!
応援ぽちっとお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。